2018年1月 のアーカイブ

上伊那歯科医師会新年会、上伊那医師会新年会、飯田三師会新年会に出席しました

2018年1月13日 土曜日

1月13日は、午後5時過ぎから「上伊那歯科医師会平成30年新年会・長寿会並びに創立70周年記念祝賀会」に、午後6時からは「上伊那医師会平成30年新年会」に出席しました。

午後7時過ぎには、「飯田三師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会)新年会」に出席しました。

それぞれの新年会において、私からは、健康長寿長野県の実現に向けて長年にわたりご貢献頂いていることに感謝を申し上げるとともに、人生100年時代を迎え、転換期を迎えている医療の世界において、引き続き全国のモデルとしてご活躍頂くことをお願いしてご挨拶を申し上げました。


(上伊那歯科医師会新年会でお祝いを申し上げているところです。)


(上伊那医師会新年会でご挨拶を申し上げているところです。)


(飯田三師会新年会でご挨拶を申し上げているところです。)


(左から飯田下伊那歯科医師会の大鹿和完会長、飯田医師会の古田仁志会長、私、飯田下伊那薬剤師会の熊谷均会長です。)


(アトラクションで素晴らしい演奏を披露してくださったAren & Emiのお二人です。お二人のご主人は医師と歯科医師の先生だそうです。)

長野県企画振興部長と面談、上伊那広域連合新春名刺交換会、建設業協会飯田支部新年祝賀会に出席

2018年1月12日 金曜日

1月12日は、伊那本部事務所に長野県企画部振興部の小岩正貴部長と松原德之主事がお見えになり、「しあわせ信州創造プラン2.0(原案)~学びと自治の力で拓く新時代~」についてのご説明を頂き、意見交換をさせて頂きました。

「人口減少に立ち向かう」「県民起点で現場に立脚する」「先端技術を活用する」「様々な主体と連携する」「グローバルな視点を意識する」という5つの基本視点に立って、「学びの県づくり」「産業の生産性が高い県づくり」「人をひきつける快適な県づくり」「いのちを守り育む県づくり」「誰にでも居場所と出番がある県づくり」「自治の力みなぎる県づくり」という県のめざす6つの姿を示した計画となっています。

私からは、様々な具体的取り組みについて、提案や意見を申し上げました。長野県が地方創生のモデルとしてさらに発展できるよう、しっかり応援をしてまいります。


午後5時からは、「上伊那広域連合平成30年新春名刺交換会」に出席しました。

上伊那の市町村長や議長の皆様、国や県の機関の皆様などが一堂に会した盛大な会でした。

私からは、本日ご出席の皆様が連携をとりながら、上伊那のさらなる発展の原動力としてご活躍頂くことをお願いし、私自身も努力していくことをお誓いしてお祝いのご挨拶を申し上げました。


午後6時すぎからは、「長野県建設業協会飯田支部 飯田建設事業協同組合 合同新年祝賀会」に遅れて出席しました。

私からは、建設業の皆様のお力を頂きながら、衆議院選挙で訴えた「新技術の導入による生産性向上」「東京、愛知、静岡の企業の拠点誘致による東京一極集中の是正」「交流人口の増加と観光立国の推進」の3つに取り組んでいくことをお話するとともに、9年後のリニア・三遠南信自動車道の開通に向けて、前向きにスタートを切る年にしていただくことをお願いしてご挨拶を申し上げました。

乾杯の後には、多くの皆様と懇談ができ、とても楽しく有意義な新年祝賀会でした。


(長野県企画部振興部の小岩正貴部長(左)と松原德之主事からお話を伺い、意見交換をさせて頂きました。)


(上伊那広域連合平成30年新春名刺交換会でご挨拶を申し上げているところです。)


(建設業協会飯田支部新年祝賀会でご挨拶を申し上げているところです。)


(建設業協会飯田支部幹部の皆様、牧野光朗飯田市長、松島貞治下伊那町村会長との記念写真です。)

特養飯田荘建設事業起工式に出席、飯田市伊賀良地区を訪問、飯田商工会議所新春賀詞経済懇談会、長野県印刷工業組合新年祝賀会に出席

2018年1月11日 木曜日

1月11日は、午前11時から飯田市で開催された「特別養護老人ホーム飯田荘建設事業 起工式」に出席し、玉串奉奠をさせて頂きました。本施設には介護予防拠点棟も作られ、福祉の拠点としての活用が期待されます。

午後には、飯田市伊賀良地区を訪問し、後援会役員をお引き受け頂いている皆様や、ご支援を頂いている企業の皆様に新年のご挨拶を申し上げました。

午後4時からは、「飯田商工会議所新春賀詞経済懇談会」に出席しました。

柴田会頭からは、「人手不足」「後継者問題」「地方創生と東京一極集中の是正」が取り組むべき重要課題である、とのお話がありました。

私からは、これらの諸課題に対応した平成30年度予算と税制改正を早期に成立させるため努力することをお誓いするとともに、産業と地域の発展に向けて、皆様方に前向きな取り組みをお願いしてお祝いのご挨拶を申し上げました。

午後6時からは、松本市で開催された「長野県印刷工業組合新年祝賀会」に出席しました。

私からは、自民党の「中小印刷産業振興議員連盟」の事務局長として、皆様のご指導を頂きながら様々な課題に取り組んでいることをお話するとともに、情報が集まる地域の中核産業の立場を活かし、地域活性化や産業振興に、一層のお力添えを頂くことをお願いして、ご挨拶を申し上げました。

祝賀会の中では、昨年10月にアラブ首長国連邦のアブダビで開催された技能五輪国際大会において、長野市の亜細亜印刷の早瀬真夏さんが日本代表として出場し、4位を獲得したことが紹介され、亜細亜印刷の藤森英夫社長と出場された早瀬真夏さんからご挨拶がありました。長野県の若い女性が世界に挑戦したことをとてもうれしく感じました。

祝宴では、上伊那支部から参加された小松総合印刷の小松肇彦社長、飯田支部から参加された飯田共同印刷の浅井誠社長、ヨシザワ印刷の吉澤和人社長、ミツワ印刷の栗沢健次社長にお会いすることが出来ました。これからも、皆様方のご指導を頂きながら、応援団の一人として頑張ってまいります。


(特別養護老人ホーム飯田荘建設事業 起工式での飯田市の牧野光朗市長からのご挨拶の様子です。)


(飯田荘の完成予想図です。10月には建設工事が竣工となる予定だそうです。)


(後援会伊賀良総支部の大下みち子婦人部長(私の後ろの方)のお宅では、支援者の皆様が待っていてくださいました。前列左端は、本日ご案内を頂いた伊賀良総支部の岡庭慶和総支部長です。)


(飯田商工会議所新春賀詞経済懇談会でお祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(長野県印刷工業組合平成30年新年祝賀会でお祝いを述べているところです。)


(長野県印刷工業組合の清水光朗理事長(中央)、衆議院議員務台俊介先生との記念写真です。)


(左から、亜細亜印刷の藤森英夫社長、私、技能五輪で4位を獲得した早瀬真夏さん、トレーナーとしてアブダビに同行された取締役工場長の大塚成二さんです。)


(上伊那支部から参加された小松総合印刷の小松肇彦社長との記念写真です。)


(飯田支部から出席された皆様と。右から飯田共同印刷の浅井誠社長、ヨシザワ印刷の吉澤和人社長、私、ミツワ印刷の栗沢健次社長です。)

高森町商工会新春賀詞交歓会に出席しました

2018年1月10日 水曜日

1月10日は、午後5時から「高森町商工会 平成30年新春賀詞交歓会」に出席しました。

高森町商工会の北城勇会長と高森町の熊谷元尋町長のご挨拶に引き続き、私からもお祝いのご挨拶を申し上げました。

私からは、平成30年度税制改正における事業承継税制の抜本改革や設備投資支援のための固定資産税改革、賃金引上げやIoT投資を支援する税制などをご紹介するとともに、それぞれの立場で、リニア中央新幹線の開通に向けて前向きにスタートを切る年にして下さるよう、お願いをしました。

懇親の時間には、多くの皆様のお話を伺い、改めて高森町の皆様の元気を感じました。


(私からお祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(高森町商工会の北城勇会長(右)と高森町の熊谷元尋町長との記念写真です。)