2019年5月 のアーカイブ

飯島町でわら細工用の稲の田植えが行われました

2019年5月25日 土曜日

5月25日の午前9時から、飯島町本郷の塩澤正登さんの田んぼで、伝統的なわら細工に適した、茎の長い稲の品種である「保村早稲(ほむらわせ)」の田植えが行われ、家内が見学をさせて頂きました。

この「保村早稲」の種もみは、伝統的なわら細工や大相撲の土俵の俵づくりを行っている飯島町の「南信州米俵保存会」代表社員の酒井裕司さんが、昨年まで土俵の俵づくりを行っていた埼玉県吉川市を訪問した際に、偶然に飯島町に祖先のルーツがある飯島照男さんに出合い、分けてもらったものとのこと。

「保村早稲」は高さが140センチにもなる稲で、8月下旬には収穫する予定だそうです。


(種もみから育った「保村早稲」の苗です。)


(はじめに、田んぼの周辺部分に手植えで田植えが行われました。)


(引き続き、田植え機での田植えが行われました。)


(田植えに参加した皆様との記念写真です。)

公益法人・NPO等小委員会開催、自民党母子寡婦福祉対策議員連盟総会、公約作成作業チーム打合せ会議に出席

2019年5月24日 金曜日

5月24日は、午前8時から私が小委員長を務める「社会的事業に関する特別委員会 公益法人・NPO等小委員会」を開催しました。

小委員会には、親会である社会的事業に関する特別委員会の伊藤達也委員長にもご出席を頂き、ご挨拶を頂きました。

本日は、はじめに公益法人協会の雨宮孝子理事長と鈴木勝治副理事長より「公益法人制度改正提言とガバナンスをめぐる提案」を頂き、引き続き、内閣府より「公益法人制度について」の説明を受けました。

次に、内閣府より「いわゆる休眠状態にあるNPO法人の実態調査結果の概要・主な課題について」の説明を受け、引き続き、シーズ・市民活動を支える制度をつくる会の関口宏聡(ひろあき)代表理事と日本NPOセンターの吉田建治事務局長より「NPO法人制度に関する要望」を伺い、質疑を行いました。

今年は、現在の公益法人制度がスタートしてから11年目、NPO法人制度がスタートして21年目を迎えています。

本日の小委員会での質疑を通じて、これらの制度が抱える課題について、再認識をすることが出来ました。引き続き、よりよい制度となるよう、対応策を検討してまいります。


正午からは「自由民主党母子寡婦福祉対策議員連盟総会 全国母子寡婦福祉団体協議会役員・各都道府県役員との懇談会」に出席しました。

本日は、全国母子寡婦福祉団体協議会の海野惠美子理事長と引間由実子母子部長より要望を頂き、これに対して各省より説明を受けました。


午後1時からは、参議院選挙に向けた「公約作成作業チーム 打合せ会議」に出席しました。

本日は、各部会から提出された政策をもとに政権公約をまとめあげるための協議が行われました。


(公益法人・NPO等小委員会の冒頭に小委員長としてご挨拶をしているところです。)


(自由民主党母子寡婦福祉対策議員連盟総会での永岡桂子会長のご挨拶です。)


(公約作成作業チーム 打合せ会議の様子です。)

日本Well-being計画推進PTに出席、高森南小・泰阜小・喬木第二小 国会見学、郵便局利活用議連幹部会、清和研議員総会、雇用問題調査会、全国国土調査協会理事会、中小企業・小規模事業者政策調査会、清和研政策委員会、全日本印刷工業組合連合会懇親会に出席

2019年5月23日 木曜日

5月23日は、午前8時から「日本Well-being計画推進プロジェクトチーム」に出席しました。

本日は、これまでのヒアリングや議論を踏まえた第二次提言(案)について説明を受け、意見交換を行いました。


午前10時半からは、高森町立高森南小学校の皆さん、泰阜村立泰阜小学校の皆さん、喬木村立喬木第二小学校の皆さんが国会見学に来られました。

私から、国会の役割や国会議事堂についての説明をするとともに、皆さんの今後の活躍に期待して激励のご挨拶をしました。


午前11時すぎからは、「郵便局の新たな利活用を推進する議員連盟幹事会」に出席しました。

本日は、「ゆうちょ銀行限度額の引上げ」「交付金・拠出金制度」「郵便の制度改正」などについて説明を受け、質疑を行いました。


正午過ぎからは「清和研議員総会」に出席しました。

細田博之会長からは、参議院選挙の必勝に向けて頑張ろう、との趣旨でご挨拶がありました。


午後2時からは「雇用問題調査会 生涯現役社会推進プロジェクトチーム」に出席しました。

本日は、「提言(案)」について説明を受け、意見交換を行いました。


午後3時からは「全国国土調査協会理事会」に顧問の立場で出席しました。

金田勝年会長のご挨拶に引き続き、私からもご挨拶を申し上げました。特に、所有者不明土地や人口密集地の官民境界画定、山林における調査など、地籍調査の一層の推進が図られることを期待し、皆様の一層のご活躍をお願いしました。


午後3時20分すぎからは、「中小企業・小規模事業者政策調査会」に出席しました。

本日は、最低賃金の引上げに関し、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会のご意見を伺い、引き続き「新たな時代における中小企業・小規模事業者政策の重点(案)」について説明を受けて議論を行いました。


午後4時からは「清和研政策委員会」に出席しました。

本日は、株式会社アストロスケールホールディングスの岡田光信CEOよリ「スペースデブリ除去ビジネス」についてのご講演を頂き、質疑を行いました。

地球の周りには、約2000個の人工衛星が周回している一方で、役目を終えた人工衛星や、切り離されたロケットの一部、爆発や衝突による破片などが、10センチ以上の物だけでも約24000個あり、この「スペースデブリ」が衛星の爆発の原因となっていること、これをできるだけ安価に取り除くため、小型衛星でデブリを捕まえ、大気圏に突入して燃やすための実証実験を行おうとしていることなど、大変興味深いお話でした。

会の最後に、私から、日本初の技術で宇宙開発の課題を解決するための新たなビジネスモデルを確立する取組であり、皆で支援をしていきたいと思います、と感想を申し上げました。


午後5時半には「全日本印刷工業組合連合会 通常総会懇親会」に遅れて出席しました。

私からは、中小印刷産業振興議員連盟の事務局長として、様々な課題の解決に向けて応援団として努力していくことをお誓いし、地域活性化の原動力である皆様の一層のご活躍を祈念してお祝いのご挨拶を申し上げました。

また、長野県印刷工業組合の藤森英夫理事長にお会いして、様々なお話を伺うことが出来ました。


(日本Well-being計画推進プロジェクトチームの下村博文座長のご挨拶です。)


(高森町立高森南小学校の皆さんにご挨拶をしているところです。)


(泰阜村立泰阜小学校と喬木村立喬木第二小学校の皆さんに国会についての説明をしているところです。)


(郵便局の新たな利活用を推進する議員連盟幹事会で説明を聞いているところです。)


(清和研議員総会での細田博之会長のご挨拶です。)


(雇用問題調査会 生涯現役社会推進プロジェクトチームでの橋本岳座長のご挨拶です。)


(全国国土調査協会理事会でご挨拶を申し上げているところです。)


(中小企業・小規模事業者政策調査会でヒアリングを行っているところです。)


(清和研政策委員会で、株式会社アストロスケールホールディングスの岡田光信CEOよリご講演を頂いているところです。)


(私から、ご講演の御礼を兼ねて締めのご挨拶を申し上げているところです。)


(岡田光信CEOを囲んで記念撮影をしました。)


(全日本印刷工業組合連合会 通常総会懇親会でお祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(左は全日本印刷工業組合連合会の臼田真人会長、右は長野県印刷工業組合の藤森英夫理事長です。)

飯田市立上郷小国会見学、最低賃金一元化推進議連総会、ドローン議連、下條小国会見学、測量設計議連総会、全国水源林造林協議会連合会通常総会、ダム・発電関係市町村等振興議連勉強会、地方六団体との意見交換会に出席

2019年5月22日 水曜日

5月22日は、午前10時20分に飯田市立上郷小学校の皆さんが国会見学に来られました。

衆議院の待機所で、ご挨拶をしました。


午前11時からは「最低賃金一元化推進議員連盟総会」に出席しました。

本日は、全国町村会の荒木泰臣会長から最低賃金のあり方についてご意見を伺うとともに、各府省から、各国の最低賃金の状況等、これまでの総会の指摘に関する説明を受け、意見交換を行いました。


正午からは「無人航空機普及・利用推進議員連盟(ドローン議連)新ロードマップPT」に出席しました。

本日は、関係各省庁から今後の計画(ロードマップ)について説明を受けました。


午後1時からは「測量設計議員連盟総会」に出席しました。

本日は、全国測量設計業協会連合会の野瀬操会長からご挨拶を頂くとともに、「担い手確保PT」と「電子国土PT」の報告を受けました。

さらに、全国測量設計業協会より要望を伺うとともに、今後の議連活動方針案が了承されました。


午後1時半には、下條村立下條小学校の皆さんが国会見学に来られました。

参議院の待機所で国会についての説明などを行いました。


午後2時からは「全国水源林造林協議会連合会通常総会」に出席しました。

長野県から出席された理事の中村武雄前朝日村長にもお会いすることが出来ました。


午後4時からは「ダム・発電関係市町村等議員連盟とダム・発電関係市町村全国協議会の合同勉強会」に議連幹事長として出席しました。

本日は、国土交通省より「ダムを活用した観光振興とダム立地地域の安全性の確保について」、林野庁から「水源林の適正な管理について」、東京発電株式会社より「小水力発電の活用について」、空の駅研究会より「衛星とドローンによる災害に強い過疎地等のネットワークづくり」について、それぞれ説明を受け、質疑を行いました。

ダムと周辺地域の活用による地域活性化の可能性について、様々な角度から学ぶことが出来ました。


午後6時半からは「地方六団体との意見交換会」に出席しました。

長野県から出席された全国市長会副会長の牧野光朗飯田市長、全国市議会議長会地方行政委員会副委員長の渋川芳三飯山市議会議長、全国町村会顧問の藤原忠彦川上村長と理事の羽田健一郎長和町長にお会いしてお話を伺いました。

また、全国市長会会長の立谷秀清福島県相馬市長と副会長の谷畑英吾滋賀県湖南市長にもお会いすることが出来ました。


(飯田市立上郷小学校の皆さんにご挨拶をしているところです。)


(無人航空機普及・利用推進議員連盟の田中和徳会長代理のご挨拶です。)


(測量設計議員連盟で全国測量設計業協会連合会の野瀬操会長からご挨拶を頂いているところです。)


(下條村立下條小学校の皆さんに国会についての説明をしているところです。)


(全国水源林造林協議会連合会通常総会での中谷元会長からのご挨拶です。)


(長野県から出席された理事の中村武雄前朝日村長と記念撮影をしました。)


(ダム・発電関係市町村等議員連盟の山本拓会長のご挨拶です。)


(地方六団体との意見交換会での記念写真です。左から牧野光朗飯田市長、私、藤原忠彦川上村長、羽田健一郎長和町長です。)


(左から全国市長会副会長の牧野光朗飯田市長、私、全国市長会会長の立谷秀清福島県相馬市長、副会長の谷畑英吾滋賀県湖南市長です。)