« | »

大明化学工業社長と懇談、飯田市後援会役員を訪問、飯田市上郷飯沼南で「語る会」開催

2012年8月23日

本日は、伊那市の大明化学工業株式会社を訪問し、福島士郎社長、倉島利文経理部長と懇談をさせて頂きました。

大明化学工業は、長野県でも数少ない無機化学工業製品を製造されるメーカーであり、水の浄化剤や食品添加物など、私達の生活に無くてはならない分野を担っておられます。

業績も安定しており、無借金経営を続け、新たな設備投資も計画されているとのことでした。

福島社長からは、「中央東線をはじめとする鉄道網の利便性の向上、道路交通網の整備などを通じて、長野県南部の利便性向上を図ることが大切。」「地域全体の活性化のために頑張って欲しい。」「技術者も常に社会や顧客のニーズを把握し、新製品の開発につなげていく努力が重要。」など、貴重なご提言や激励の言葉などを頂きました。

私は、地域での生産と雇用をまもっている大明化学工業に代表される地元企業の発展のためにも、頑張っていきたいと考えています。


(左から福島士郎社長、私、倉島利文経理部長です。貴重なお話をお聞かせ頂き、誠にありがとうございました。)





午後には、飯田市に向かい、日頃より支援を頂いている皆様を訪問しました。

飯田市山本では、新たに後援会の山本支部長をお引き受け頂いた竹村富男新支部長にお会いすることができました。

竹村支部長からは、「次期の戦いに向けて、全力で支援していきます。」との力強い言葉を頂きました。


(山本支部長ご夫妻には、今後益々お世話になりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。)





夜7時からは、飯田市上郷飯沼南地区で、「宮下一郎と語る会」を開催して頂きました。

ご出席頂いた皆様からは、消費税、原発、TPP、領土問題、年金問題、飯田線の利便性向上など、様々な点についてご意見やご質問を頂き、私も、私の考えをしっかりとお話することができました。

皆様には貴重なご意見を頂き、本当にありがとうございました。これからも、多くの皆様との懇談を大切に活動してまいります。


(車座になって、本音でのご意見やご質問を伺うことができました。)


(懇談会終了後の記念撮影です。長時間に亘り熱心にご参加頂き、誠にありがとうございました。)

« | »
  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事