« | »

衆議院予算委員会・衆議院本会議で平成31年度予算が可決されました

2019年3月2日

3月1日は、午前中に衆議院予算委員会が開催される予定でしたが、午前8時40分に野党から根本匠厚生労働大臣に対する不信任決議案が出されたため、この処理が優先されることとなりました。

午後1時からの「衆議院本会議」では、不信任決議案の趣旨弁明が約2時間にわたって行われたため、討論の後に記名採決により決議案が否決されたのは午後4時過ぎでした。

午後4時半からは「衆議院予算委員会理事会」が開催され、午後5時からは「衆議院予算委員会」が開会、全大臣出席の下、各党の委員による締めくくり質疑が3時間にわたって行われました。自由民主党からは理事の坂本哲志先生が質問に立ちました。

質疑終局の後に、討論が行われ、自由民主党は理事の井野俊郎先生が賛成討論を行いました。その後、午後8時半に起立採決が行われ、平成31年度総予算が可決されました。

これを受けて、衆議院財務金融委員会と衆議院総務委員会がそれぞれ開催され、所得税法等と地方税法等が可決されました。

午後10時50分からは、本日二回目の「衆議院本会議」が開催されました。はじめに、平成31年度予算三件について、野田聖子予算委員長から報告が行われ、引き続き各党の代表による討論が行われました。自由民主党からは、理事の堀内詔子先生が賛成討論を行いました。

途中、午後11時50分に延会の手続きが取られ、3月2日午前0時10分に衆議院本会議が再開されました。討論終了後、記名採決が行われ、午前0時半ごろに予算が可決されました。

引き続き、地方税4件についての委員長報告・討論・起立採決、所得税法についての委員長報告・討論・起立採決が行われ、午前2時過ぎに、予算と税法がすべて可決され、参議院に送付されました。

衆議院通過後30日で自然成立することを定めた憲法の規定により、平成31年度予算の年度内成立が確定しました。

大変厳しい日程でしたが、お陰様で私も、予算委員会理事としての責任を果たすことが出来ました。お力添え頂いたすべての皆様に心から感謝を申し上げました。


(本日の衆議院本会議の議事日程です)


(一回目の衆議院本会議の後に開催された衆議院予算委員会理事会の様子です。)


(締めくくり質疑で質問をする坂本哲志先生です。)


(井野俊郎先生が賛成討論を行っているところです。)


(起立採決で予算案が可決され、お辞儀をする閣僚の皆様に拍手を送りました。)


(委員会散会後には、各大臣が理事席にご挨拶にお見えになりました。)


(衆議院予算委員会の発言表です。)

« | »
  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事