« | »

両小野診療所新築工事竣工式、上伊那接骨師会の皆様との勉強会、伊那谷文明維新塾に出席

2015年9月26日

9月26日は、午前11時から「JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター両小野診療所新築工事竣工式」の神事に、正午からは竣工式典及び祝賀会に出席しました。

両小野地区は、戦国時代に松本・飯田の両領主の領地争いにより当時の小野村が二分され、そのまま現在も「塩尻市北小野」と「辰野町小野」に分かれていますが、小中学校は「両小野小学校」、「両小野中学校」として組合立で運営されています。

唯一の医療機関は両小野国保病院組合が運営する「両小野国保診療所」でしたが、平成25年に移転新築とJA長野厚生連富士見高原医療福祉センターに運営を依頼する方針が決定され、本日の竣工式を迎えることとなりました。

平成30年には、小規模な老人保健施設や特別養護老人ホームの建設も予定されているとのことです。

私からは、この診療所が地域完結型の医療と福祉の拠点となり、地域活性化の核として両小野地域発展にご貢献を頂くことをお祈りし、お祝いのご挨拶を申し上げました。


午後4時からは、上伊那接骨師会の先生方の主催による勉強会が開催されました。

勉強会には、参議院議員若林けんた先生も駆けつけてくださり、冒頭にご挨拶を頂きました。

その後、私から平和安全法制の考え方と必要性などについてお話を申し上げ、質疑応答を行いました。

引き続いて懇談会が行われ、先生方からのお話も伺うことが出来ました。いつも強力にご支援をいただいている接骨師会の先生方に心から御礼を申し上げます。


午後6時からは、「伊那谷文明維新塾」に出席しました。

本日も、林英臣先生から「日本人力を養うための日本学」をテーマに、素晴らしいご講演を頂きました。

その後に行われた懇親会では、多くの参加者の皆様から、「有意義なお話だった」との発言がありました。

私自身も、日本や地域の課題を乗り越えるため、多くの皆様の力を結集できる様、頑張らなければならない、との思いを強くしました。


(神事の後で、両小野診療所の前で。左からJA長野厚生連の内堀茂理事長、衆議院議員後藤茂之先生、私、辰野町の加島範久町長、冨士美高原医療センターの井上憲昭(かずあき)センター長です。)


(竣工祝賀会でお祝いを述べているところです。)


(上伊那接骨師会の先生方の主催による勉強会では、はじめに参議院議員若林けんた先生よりご挨拶を頂き、引き続き私から平和安全法制についてのお話をしました。)


(勉強会の後の懇親会で先生方に御礼のご挨拶を申し上げました。)


(伊那谷文明維新塾では、今日も林英臣先生から素晴らしいお話を伺いました。)


(先生のご講演の後で、皆様を代表し、私から御礼のご挨拶を申し上げました。)

« | »
  • Calendar

    2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • 宮下一郎後援会

    伊那本部事務所
    〒396-0006
    長野県伊那市上牧6610-1
    TEL.0265-78-2828
    FAX.0265-78-2893

    飯伊連合事務所
    〒395-0003
    長野県飯田市上郷別府3349-4
    TEL.0265-24-3001
    FAX.0265-24-3039