宮下一郎ブログ

箕輪町で五平餅会開催、支援者の皆様を訪問、ミニ集会開催

2012年7月7日

本日(7/7)は、箕輪町の「もちの会」の皆様の主催により、恒例の「五平餅会」が開催され、両親、家内とともに出席しました。

今年も、約70名の方々がご参加頂き、盛大な会となりました。

「もちの会」代表の市川やゑ子さん、箕輪町後援会の井沢通治会長に引き続き、私や父からも御礼のご挨拶をしました。特に私からは、政治状況も予断を許さない状況であり、一層のお力添えを頂きたいとのお願いを申しあげました。

その後、お茶で乾杯をして、焼きたての五平餅やお漬物などを頂きながら、皆様と懇談をさせて頂きました。

出し物として、私はマジックを披露した他、家内とともにハワイアンダンスにも参加、さらにもちの会の金子さんが、どじょうすくいを披露して下さいました。

お陰様で、大変なごやかでたのしいひとときとなりました。皆様、本当にありがとうございました。


(私から、最近の政治情勢や近況報告を含めたご挨拶を申し上げました。)


(家内とともに出演したフラダンスです。結構似合っている、との声もありました・・・?)


(会の最後に、参加頂いた皆様と地区ごとに記念撮影を行いました。)



五平餅会終了後に、箕輪町後援会の井沢通治後援会長、藤沢照穂事務局次長にご同行を頂き、箕輪町内の支援者の皆様を訪問しました。

お会いした多くの皆様から、温かい激励の言葉を頂きました。誠にありがとうございました。


(西部建工株式会社の大槻雄一社長(私の右)のお宅でも、ありがたい激励を頂きました。今後とも、ご指導ご支援をよろしくお願い申し上げます。)


(右から、福与支部の清水支部長の奥様、井沢会長、私、藤沢事務局次長、家内と、清水さんのお宅の美猫「ぼたんちゃん」です。)




夜には、箕輪町下古田区の有志の皆様との懇親会に出席しました。

皆様から、国政や地域の課題などについて、積極的にご意見やご質問を頂き、大変充実した懇談会となりました。また、お忙しい中、長野県議会議員の垣内基良先生も駆けつけてくだり、応援のメッセージを頂きました。

ちょうど、お店の隣の部屋では、小さなお子さんをもつお母さん方の集いが行われており、短時間でしたが懇談をさせて頂きました。

「毎月2万円お金をもらったからといって、もう一人産もうとは思わない。」「産休後、きちんと正社員として職場復帰できるような仕組みの充実を図って欲しい。」などのご意見を頂きました。

バラマキではなく、実効性のある子育て支援策の充実に向けて、これからも皆様のご意見を伺いながら頑張ることをお誓いしました。


(談論風発、とても賑やかで充実した懇談会でした。お招きを頂き、本当にありがとうございました。)


(私からは、若い皆様が生き生きと働き、子育てできる地域の実現に向けて頑張ることをお誓いしました。これからもよろしくお願い申し上げます。)



  • Calendar

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の記事

  • 過去の記事