宮下一郎ブログ

農産物輸出促進対策委員会、衆議院 農林水産委員会、衆議院 本会議、持続可能な農業推進委員会、日本農業新聞全国大会懇親会に出席しました

2024年5月9日

5月9日は、午前8時より「農産物輸出促進対策委員会」に出席しました。

本日は、まず北海道にある株式会社 長沼あいすの山口貴巨専務取締役から「中小企業、輸出への挑戦」というテーマで、群馬県にある正田醤油株式会社の須永浩将国際営業部長から「国際事業の取組に関する報告」というテーマで、それぞれヒアリングを行ない、出席議員による質疑と意見交換を行ないました。

続いて、農林水産省より「フラッグシップ輸出産地」について報告を受けました。

さらに、「稼げる輸出に向けた第六次提言に盛り込むべき主な論点(案)」について説明を受けました。

午前9時からは「衆議院 農林水産委員会」が開催されました。

本日は、「食料供給困難事態対策法案」、「食料の安定供給のための農地の確保及びその有効な利用を図るための農業振興地域の整備に関する法律案の一部を改正する法律案」、「農業の生産性向上のためのスマート農業技術の活用の促進に関する法律案」についての参考人質疑がおよそ3時間20分にわたり行われました。

参考人として出席された、名古屋工業大学大学院社会工学専攻教授・リスクマネジメントセンター防災安全部門長の渡辺研司先生、株式会社農林中金総合研究所の平澤明彦理事研究員、全国農業会議所の稲垣照哉専務理事、エシカルバンブー株式会社の田澤恵津子代表取締役社長、横浜国立大学名誉教授・大妻女子大学名誉教授の田代洋一先生、株式会社雨風太陽の高橋博之代表取締役からご意見を伺い、その後、各党代表者による質疑が行われ、自民党からは、堀井学先生が質問に立たれました。

午後1時からは、およそ1時間40分にわたり「衆議院 本会議」が開催されました。

本日は、「児童対象性暴力等防止措置法」の趣旨説明質疑が行われました。

午後3時からは「環境と調和した持続可能な農業推進委員会(みどり委員会)」に出席しました。

本日は、青森県にある株式会社アグリーンハートの佐藤拓郎代表取締役から「資材コスト減&労働力減は有機農業だから成立する」というテーマで、岡山県に本社を置く株式会社サラの小林健伸代表取締役から「地球にやさしい 未来の農業 の推進」というテーマで、それぞれご説明いただき、出席議員による質疑と意見交換を行ないました。

お二人のお話から、有機農業や環境共生型ハイテク農業の可能性を感じることができました。

午後5時30分からは「令和6年度 日本農業新聞全国大会 懇親会」に出席しました。

坂本哲志農林水産大臣や江藤拓自民党総合農林政策調査会長、野村哲郎元農林水産大臣のご挨拶に続いて、私からも来賓の一人として、御祝いのご挨拶をさせて頂きました。

会場では、長野県からご出席をされたJA長野中央会の神農佳人会長をはじめ、多くの関係者の皆様にご挨拶をさせて頂き、農政の発展に向けた課題の解決や取組などについて、皆様と親しく意見交換をさせて頂きました。


農産物輸出促進対策委員会での武部新委員長のご挨拶です。


衆議院 農林水産委員会で、自民党の堀井学先生が、質問をされているところです。


参考人の名古屋工業大学大学院社会工学専攻教授・リスクマネジメントセンター防災安全部門長の渡辺研司先生が、答弁をされているところです。


参考人の株式会社農林中金総合研究所の平澤明彦理事研究員が、答弁をされているところです。


参考人の全国農業会議所の稲垣照哉専務理事が、答弁をされているところです。


衆議院 農林水産委員会に出席をしているところです。


本日の衆議院 本会議の議事日程です。


株式会社アグリーンハートの佐藤拓郎代表取締役(写真左)からお話を伺っているところです。右端が株式会社サラの小林健伸代表取締役です。


株式会社サラで生産されたミニトマトを出席者全員にご提供いただきました。とても美味しいトマトでした。


日本農業新聞全国大会懇親会で、私が挨拶を行っているところです。


JA長野中央会の神農佳人会長をはじめとする皆様との記念写真です。


JA全国女性組織協議会の久保町子会長(JA信州うえだ女性部部長)との記念写真です。


長野県飯田市出身のフリーアナウンサー川手耀さんとの記念写真です。右はJA長野中央会の千國茂副会長、左はJA信州諏訪の名取孝雄専務理事です。

  • Calendar

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事