宮下一郎ブログ

伊南地域の企業を訪問、飯島町後援会役員新年会開催

2012年1月26日

本日(1/26)は、伊南地域でご支援を頂いている企業の皆様を訪問しました。

株式会社テーケーでは、宮田村後援会の前会長でもある原田和愛社長にお会いすることができました。

テーケーでは、異なる金属の接合技術を開発し、自動メーカー各社の世界の工場に向けてにミッションなどの部品を供給しています。

「汎用品は海外生産が主流となりつつあり、研究開発を行い、マネの出来ない技術に基づく部品を世界に供給する形でなければ、日本でのものづくりは成り立たない。」とのお話は、これからの製造業の一つのモデルともいうべきものだと思いました。


(原田社長は、宮田村自衛隊協力会の会長としてもご活躍されています。様々な面で益々のご活躍をお祈りします。)


株式会社ティービーエムでは、山田益社長、唐沢敏治副社長からお話をうかがうことができました。

ティービーエムは、高い耐久性と高効率のタービンの羽根を加工製造し、国内外の発電機メーカーなどに供給されています。

原子力発電所のシステムなどにもお詳しく、「各原発については、全て停止・廃止というのではなく、安全について再評価した上で稼働させることが必要。新エネルギー開発も大切だが、すぐに何割ものエネルギーを担えるわけではない。また、今後は、発電コストの上昇による電気料金のアップも覚悟しなければならない。」など、貴重なご意見を頂きました。

また、現在の水力発電所の発電機を高効率なものに置き換えると倍以上の発電ができる場合もあるそうです。

今後、小規模水力発電や地熱発電、森林資源を活用した発電など、様々な分野において当社のタービンの活用が広がるものと思います。これからも、他の追随をゆるさない高品質な製品を通じて、新たなエネルギー分野の開発にも貢献を頂けるものと思います。


(左側が山田社長、右側が唐澤副社長です。貴重な時間を割いてお話をお聞かせ頂き、ありがとうございました。)


お昼は、駒ヶ根市にあるベンガル料理「アンシャンテ」に行きました。

オーナーシェフの小笠原一博さんは、20数年前に青年海外協力隊としてバングラデシュに3年間派遣され、農業用ポンプの修理・メインテナンスなどを行い、帰国後にカレー店を開かれました。

2009年には、TBSの「走れポストマン」に依頼人として出演、俳優の萩野崇さんが、当時バングラデシュで小笠原さんを助手として助けてくれたタイジュールさんを見つけて工具を届けるという感動の番組が放送されました。

(家に帰ってDVDで番組を観ました。タイジュールさんはいまも機械の修理をしており、20年前に小笠原さんからもらった工具をきれいに磨きながら使っていました。工具とカレーを届けると、「20年間、自分を忘れないでいてくれて感激している。」と涙を流して喜んでおられました。タイジュールさんは、働いてためたお金で広い農地も取得し、元気でがんばっています。地元の人たちの自立を助けたいという小笠原さんの夢が大きく花開いていた事を感じました。)

3年前からは、血糖値が気になりカロリー制限をされている人や、小麦粉アレルギーなどでカレーが食べられない子どもたちのためのカレーの開発に取り組まれています。

伊那食品工業のかんてんなどを配合することによりカロリーや塩分を減らし、アレルギー源となる食材を使わず、免疫力を高める工夫をした高機能カレーです。

名前は、「天使のカレー」です。レトルトパックで長期保存できる形で、通信販売も考えているとのこと。3月11日の発売が楽しみですね。


(小笠原さんご夫妻には、いつも応援を頂いています。今日も、素敵なお話をお聞かせ頂き、ありがとうございました。)



夜には、飯島町において、宮下一郎後援会と吉田博美先生の後援会の役員の皆様による合同新年会が開催されました。

出席者の皆様からは、「本年中にも予想される総選挙の必勝に向けて、全力で頑張っていこう」と本当に力強い激励を頂きました。

皆様のご期待に添えるよう、今年も頑張ることを誓った新年会でした。


(私からも、近況報告を兼ねたご挨拶をしました。素晴らしい結束力でご支援を頂いている飯島町の皆様に心から感謝申し上げます。)

  • Calendar

    2021年12月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事