« | »

農林水産災害対策委員会合同会議、令和2年豪雨災害対策本部、経済財政諮問会議に出席

2020年7月31日

7月31日は、午前9時から「農林・食料戦略調査会、農林部会、農林水産災害対策委員会 合同会議」に出席しました。

本日は、農林水産省より「令和2年7月豪雨における農林水産関係被害対策について」の説明を受け、質疑を行いました。

本対策は、昨年の台風被害対策をベースに、さらに支援を拡充したものとなっています。

午前10時半からは、「令和2年豪雨災害対策本部」に出席しました。

本日は、「令和2年7月豪雨の被害状況及び政府の対応状況」と「被災者の生活と生業(なりわい)の再建に向けた対策パッケージ」について説明を受け、質疑を行いました。

この対策パッケージは本年度予算の予備費を1017億円使用し、生活再建、生業の再建、災害応急復旧、災害救助にあてることとしています。

午後5時からは、首相官邸で開催された「経済財政諮問会議」に出席しました。

会議では、中長期の経済財政に関する試算について議論が行われました。

安倍総理は、本日の議論を踏まえ、次のように発言されました。

「本日は、中長期の経済財政試算について、議論を行いました。

今般の感染症拡大により経済活動や国民生活への影響が甚大かつ広範に及ぶ中で、まずは政府として、感染拡大の防止を徹底しながら、雇用の維持と事業の継続、また国民生活の下支えに力を尽くすとともに、経済の活性化を推進してまいります。

その上で、我が国が目指す将来の姿として、誰もが実感できる質の高い成長と、そして持続可能な財政を実現してまいります。

今回試算で示された、我が国の中長期の経済財政状況は、厳しいものではありますが、引き続き、経済再生なくして財政健全化なしの基本方針の下で、経済・財政一体改革の着実な推進に努めてまいりたいと思います。」

なお、本日の会議資料は、内閣府のホームページでご覧いただけます。


農林水産災害対策委員会の葉梨康弘委員長のご挨拶です。


農林水産業の支援の概要です。


令和2年豪雨災害対策本部で二階俊博本部長がご挨拶をされているところです。


被災者の生活と生業の再建に向けた対策パッケージの概要です。


経済財政諮問会議で安倍総理が発言されているところです。


神田憲次政務官と共に後方の席で安倍総理の発言を聞いているところです。

« | »
  • Calendar

    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事