« | »

社会的事業推進特別委員会、デジタル社会推進特別委員会、全国青色申告会総連合新年賀詞交換会、綜學勉強会、衆議院本会議に出席しました

2020年1月28日

1月28日は、午前中に金融庁副大臣室と議員会館で各省から法案等の説明を受けました。

正午には「社会的事業推進特別委員会」に出席しました。

本日は、はじめに特別委員会の今後の進め方についての案が了承され、次に、政府より「社会的事業を巡る政府の取組状況について」の説明を受けました。

さらに、株式会社Ridiloverの安部敏樹代表から「社会への「当事者意識」を喚起するプロジェクトプラットフォーム構想について」と題したお話を頂き、質疑を行いました。

1.様々な主体の視点を統合し、様々な社会課題を構造的に理解して本質的な課題を発見
2.ビジョンを掲げて共に解決に挑むステークホルダーを巻き込み
3.社会インパクトの創出に向けて資源を投入し、事業化することを通じて社会課題の解決を図る

ということを様々な活動を通じて実践されている安部代表の発想力と行動力に感銘を受けました。

質疑を通じて、社会課題解決のために政治の果たす役割をいかに強化していくかという面で大きな気づきを頂きました。


午後4時からは、「デジタル社会推進特別委員会」に出席しました。

本日は、内閣官房IT総合戦略室から「デジタル・ガバメント実行計画」について説明を受け、質疑を行いました。

この実行計画は、
1.サービスデザイン・業務改革(BPR)の徹底による行政サービス改革
2.デジタル・ガバメント実現のための基盤の整備
3.政府CIOによる一元的なプロジェクト管理の強化等
4.行政手続のデジタル化、ワンストップサービス等の推進等
5.デジタルデバイド対策
6.地方公共団体におけるデジタル・ガバメントの推進
7.民間手続におけるデジタル技術の活用促進
を大きな柱としています。

デジタル社会の実現は、人口減少を乗り越えて日本が発展する重要な基盤となる取組です。これからもその実現に向けて努力してまいります。


午後5時からは、「全国青色申告会総連合 新年賀詞交歓会」に出席しました。

私からは、金融担当副大臣として、金融機関による個人事業主の皆様の事業承継支援の拡充や個人保証をつけない融資等を推進していることをご報告し、今年も皆様方のご意見を踏まえて努力していくことをお誓いしてご挨拶を申し上げました。


午後6時からは、「綜學勉強会」に出席しました。

本日は、林英臣先生から合気道の創始者である「植芝盛平」の語録から、「合気道」の本質や目指しているものについてお話を頂きました。

政治の世界にも通じる「合気」の大切さを学ぶことが出来ました。


午後6時40分過ぎに、令和元年度補正予算の採決があるため、綜學勉強会を途中で失礼し、衆議院本会議に出席しました。

本日は、「令和元年度補正予算」の討論と採決、「地方交付税法」「平成30年度決算剰余金特例法」「家畜伝染病予防法」の採決が行われ、いずれの法律も可決されました。


午後8時からは、「綜學勉強会懇親会」に出席しました。皆様から様々なお話を伺い、多くの気づきを得ることが出来た大変有意義な会でした。


(社会的事業推進特別委員会での伊藤達也委員長のご挨拶です。)


(委員会終了後に、最後まで出席したメンバーで安部敏樹代表を囲んで記念撮影をしました。)


(デジタル社会推進特別委員会での平井卓也委員長のご挨拶です。)


(全国青色申告会総連合 新年賀詞交歓会でお祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(全国青色申告会総連合の八坂泰司会長を囲んで記念撮影をしました。)


(星野次彦国税庁長官を囲んで再度記念撮影をしました。)


(綜學勉強会の冒頭に世話人を代表してご挨拶をしているところです。)


(ご講演をされる林英臣先生です。)




(衆議院本会議の議事日程です。)

« | »
  • Calendar

    2020年9月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事