« | »

飯伊後援会役員会、砂防意見交換会、行政書士会伊那支部懇親会に出席

2016年5月2日

5月2日は、午前10時から飯伊事務所で開催された「飯伊後援会役員会」に出席しました。

私からは、改めて平和安全法制の目的やTPPへの対応などについてお話しするとともに、地方創生を実現していくためにも、参議院選挙の勝利に向けて、後援会の皆様の一層のお力添えをお願いしました。


午後4時からは、天竜川上流直轄砂防事業推進期成同盟会の主催による「砂防意見交換会」に出席しました。

主催者である期成同盟会会長の杉本浩二駒ケ根市長のご挨拶に引き続き、私からも、近年の地震災害や集中豪雨被害の増加を踏まえ、砂防事業の重要性を再認識することが大切であることを申し上げ、その推進に努力することをお誓いしてご挨拶を申し上げました。

次に、期成同盟会から国道交通省に対する要望書が手渡されました。

講演の部では、国土交通省水管理・国土保全局砂防部砂防計画課の椎葉秀作企画専門官より、「最近の土砂災害への砂防行政の取り組み」についてのご講演を頂きました。

改めて、砂防事業による減災の効果や、被害予防としての砂防事業の重要性を認識するとともに、ICTの活用やハザードマップや避難計画などのソフト事業の大切さを感じました。


午後5時半からは、「長野県行政書士会伊那支部通常総会後の懇親会」に遅れて出席しました。

私からは祝辞として、「先生方には、企業や商店街、農家の皆様が新たな一歩を踏み出せるよう、アドバイザーとなっていただき、地域や産業振興の原動力としてご活躍を頂きたいと思います。」とご挨拶させていただきました。


(飯伊後援会役員会で、私から皆様方に、一層のご支援をお願いしました。)


(砂防意見交換会で、私からお祝いと、事業推進に向けた決意を申し上げているところです。)


(期成同盟会の杉本幸治会長から、国土交通省の椎葉秀作企画専門官と天竜川上流河川事務所の中谷洋明所長に対し、要望書が渡されました。)


(椎葉企画専門官からは、近年の土砂災害への対応や、今後のあるべき姿などについて体系的なお話を頂きました。)


(行政書士会伊那支部の懇親会に到着した際に、先生方に対し、日ごろの御礼と一層のご活躍をお願いしてご挨拶を申し上げました。)

« | »
  • Calendar

    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事