« | »

飯田市の支援者の皆様と懇談、飯島町後援会忘年会に出席

2010年12月25日

本日(12/25)は、雪が降り、ホワイトクリスマスとなりました。下伊那を中心に伊那谷では今年初めての本格的な降雪となり、各地でスリップ事故などが起こったようです。

今日は、飯田市と松川町において、多くの支援者の皆様とお会いすることができました。

始めに、今年10月に飯田市上郷で開院をされた「こばやしクリニック(http://www.kobayashi-uro.com/)」を訪問し、院長の小林康宏先生にお話を伺いました。

周辺には隣接して、眼科、小児科、整形外科、保険薬局などがあり、今回こばやしクリニックの泌尿器科・皮膚科が加わり、様々な専門医の診察が受けられる地域となっています。

診療理念は、「私たち、こばやしクリニック泌尿器科皮フ科スタッフは常に患者様の気持ちに寄り添い、自分の家族に対するように接し、良質な医療を提供します。」とのことで、新たに建設されたクリニックの建物にも、様々な配慮がなされていました。

・スロープや手すり、車いすでもはいれるトイレなどを設備したバリアフリー設計
・消臭や抗菌などを考えた換気装置やスリッパの殺菌装置
・椅子の堅さや色、壁の色や天井の高さなど、疲れずリラックスできる環境に
・無料で温かい飲み物も飲めるようにして待合時間をくつろげるように配慮
・診察室の出入り口など、カーテンや壁の配置を工夫してプライバシーを守る
・内視鏡、レントゲン、超音波診断装置、頻尿の治療機、電子カルテシステムなど、最新の機器を導入
・トイレの中には病気の解説の冊子を置き、待合室では恥ずかしくて持っていけないという人にも情報を提供

などなど、それぞれの工夫に院長先生の温かな心遣いが感じられる素晴らしい医院でした。

小林先生は現在43歳。「開業するには若いのではと思われるかもしれませんが、低く抑えられた診療報酬を前提にすると、今は早めに開業しないと借金が返しきれません。」とのことでした。小林先生はこれまで勤務していた下伊那赤十字病院でも週一回の診察を続けるそうです。診療報酬の在り方や病院と開業医の在り方について示唆を頂いた訪問でした。


(電子カルテシステムなどが並ぶ診察室で小林院長先生とともに。)

 

昼には、飯田市後援会の伊賀良支部役員の皆様との昼食会に出席しました。

自民党が何を反省し再生すべきかなど、様々な貴重なご意見を頂き、私も今後の政局の見通しなどについてお話をさせていただきました。皆様から、来るべき戦いに備えてがんばろうという声を頂き、勇気百倍の昼食会でした。


(皆さん百戦錬磨の皆様ばかり。美味しい丼を頂きながら、様々なお話ができました。)

 

夜には、飯島町後援会主催の忘年会が松川町の「清流苑」で開催されました。私は、早めに到着し、温泉に入らせていただきました。源泉に加え、薬湯や露天風呂、サウナなど様々なお湯を堪能することができました。特に、雪が降るのを見ながら入る露天風呂は最高でした。

飯島町では私の後援会役員の多くの皆様が参議院議員吉田博美先生の後援会役員を兼ねており、今日は両後援会合同の忘年会です。吉田博美先生も駆けつけていただき、今年一年の出来事や来年に向けて話が弾みました。


(私からは、今年一年もお世話になったことに対する感謝と来年に向けた決意とお願いのご挨拶をさせていただきました。)

« | »
  • Calendar

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • 宮下一郎後援会

    伊那本部事務所
    〒396-0006
    長野県伊那市上牧6610-1
    TEL.0265-78-2828
    FAX.0265-78-2893

    飯伊連合事務所
    〒395-0003
    長野県飯田市上郷別府3349-4
    TEL.0265-24-3001
    FAX.0265-24-3039