« | »

超伝導リニアに関する特別委員会、赤字ローカル線災害復旧支援議連、経済産業部会、鳥獣捕獲対策議連、過疎対策特別委員会、中小企業調査会幹部会に出席

2014年8月28日

8月28日は、午前8時から「超伝導リニア鉄道に関する特別委員会」に出席し、司会進行を行いました。

本日は、JR東海、国土交通省等からリニア新幹線の現状についての報告を受け、質疑を行いました。


午前9時からは、「赤字ローカル線の災害復旧等を支援する議員連盟総会」に出席しました。

本日は、鉄道軌道整備法を改正して災害復旧事業に係る補助要件を緩和する案について議論を行い、その方針が了承されました。


午前11時からは、「経済産業部会関係合同会議」に顧問の立場で出席しました。

本日は、経済産業省関係の平成27年度予算概算要求などについて説明を受け、意見交換を行いました。


午後1時からは、「自民党 鳥獣捕獲緊急対策議員連盟 総会」に出席しました。

本日は、銃刀法改正について、方針が了承されるとともに、鳥獣関係の概算要求について説明を受け、質疑が行われました。私もサルの対策についての抜本的な強化を求め、発言をしました。


午後2時からは、「過疎対策特別委員会」が開催され、事務局長として司会進行を行いました。

本日は、全国過疎地域自立促進連盟会長である島根県の溝口善兵衛知事から過疎対策に必要な予算の確保などについてご要望を受けるとともに、関係する8省庁から平成27年度予算概算要求についての説明を受け、質疑を行いました。


午後3時からは、「中小企業・小規模事業者政策調査会 幹部会」に事務総長の立場で出席しました。

本日は、ドイツ連邦共和国バイエルン州駐日代表部のクリスティアン・ゲルティンガー代表と田山野恵プロジェクトマネージャー、ニッセイ基礎研究所経済研究部の伊藤さゆり上席研究員をお招きし、ドイツにおける中小企業政策についてお話をうかがい、質疑を行いました。

ドイツにおいては、1998年から国際競争力の強化と雇用促進を目的として行われた包括的な経済改革である「シュレーダー改革」の成果がメルケル政権発足後に表れてきたこと、各州がしのぎを削って産業クラスター政策に力を入れ、様々な分野での新たな製品・サービスを生み出していることなどを学びました。

日独の違いを踏まえた上で、日本における中小企業活性化のための政策にしっかり生かしていきたいと思います。


(「超伝導リニア鉄道に関する特別委員会」冒頭の竹本直一委員長からのご挨拶です。)


(「赤字ローカル線の災害復旧等を支援する議員連盟総会」での宮路和明会長からのご挨拶です。)


(「経済産業部会関係合同会議」での伊藤達也調査会長からのご挨拶です。)


(「過疎対策特別委員会」での山口俊一総括顧問からのご挨拶です。)


(「中小企業・小規模事業者政策調査会 幹部会」で、講師の皆様からお話を伺っているところです。)

« | »
  • Calendar

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • 宮下一郎後援会

    伊那本部事務所
    〒396-0006
    長野県伊那市上牧6610-1
    TEL.0265-78-2828
    FAX.0265-78-2893

    飯伊連合事務所
    〒395-0003
    長野県飯田市上郷別府3349-4
    TEL.0265-24-3001
    FAX.0265-24-3039