« | »

高橋たかとし先生後援会総会、伊那谷文明維新塾開催

2013年11月30日

11月30日は、午後5時半から飯田市において開催された県議会議員高橋たかとし先生の後援会総会に出席しました。

私からは、「地域を元気にするためには、中小企業者、農業者、商店街の皆様のアドバイザーとしても活躍されてきた高橋先生のお力が必要であり、特にリニア開通までの14年間、高橋先生にリーダーシップを発揮して頂き、地域全体のグランドデザインを描いて言って頂きたいと思います。私もしっかり高橋先生のご活躍を支えてまいります。」とご挨拶をしました。

高橋先生からは、県政報告と、今後伊那谷と木曽谷を一体としてとらえ、発展させていくことが大切であること、それを具体的な形とするため、愛知県で東三河県庁を新設した例に学び、当地域に「第二県庁」を設置することについてのご提案がありました。私自身も、広域的な視点でみて、特に長野県南部の当地域に重点を置くことが必要であると思います。


午後7時過ぎからは、林英臣先生をお迎えし、「伊那谷文明維新塾」が開催されました。高橋先生の後援会の皆様の多くも引き続きご参加頂きました。

本日は、「2014年から始まる日本の時代、地方の時代」と題した講演でした。

1991年に始まったバブル崩壊以降、「閉塞の心理」の時代が続き、2010年に「危機の心理」に代わり、2020年に「復活の心理」へと移行すること、復活の原動力は、古事記等の神話、武士道精神、江戸に学ぶ「高徳国家」の建設にあること、今後目指すべきは、循環型経済・地域経済生態系の再生・人が幸せになる経済、すなわち「公益経済の確立」と、人と人、人と自然、国と国、西洋と東洋が共生する「共生文明の創造」であること等について、分かりやすくお話を頂きました。

私は、まとめの御礼のご挨拶の中で、「高徳国家や公益経済、共生文明の動きはすでにこの伊那谷に芽生えており、この地を理想郷として発展させていきたいと思います。」と述べました。まさにこれからが正念場の時期を迎えます。皆様とともに新たな社会創造に向けて、頑張ってまいります。


(私から、総会のご盛会を祝うとともに、高橋たかとし先生の益々のご活躍をお祈りしてご挨拶をしました。)


(高橋先生からは、私や吉田ひろみ先生ともしっかり連携を取りながら、地域の発展のために努力したいとの決意のご挨拶がありました。)


(「伊那谷文明維新塾」での林英臣先生の講義風景です。今日も我々に勇気を与える話をして下さいました。)

« | »
  • Calendar

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • 宮下一郎後援会

    伊那本部事務所
    〒396-0006
    長野県伊那市上牧6610-1
    TEL.0265-78-2828
    FAX.0265-78-2893

    飯伊連合事務所
    〒395-0003
    長野県飯田市上郷別府3349-4
    TEL.0265-24-3001
    FAX.0265-24-3039