宮下一郎ブログ

消費税転嫁対策PT、電力システム合同会議、TPP対策委員会、アベノミクス議連、在外邦人安全確保PTに出席

2013年3月6日

3月6日は、午前8時から「消費税引き上げに伴う転嫁対策に関するPT」が開催され、司会進行を行いました。

本日は、関係団体ヒアリングの最終日で、日本経済団体連合会、全国石油商業組合連合会、日本繊維産業連盟、日本フードサービス協会、財団法人食品産業センターの皆様よりご意見を伺いました。

それぞれの業界ごとに、商習慣や取引価格の決定過程、商品価格表示の在り方等の形態も異なりますが、政府がしっかりと広報を行い、最終消費者の理解が得られるようにしていくことが重要だということを再認識しました。


午前8時半からは、「経済産業部会及び資源・エネルギー戦略調査会 電力システムに関する小委員会 合同会議」が開催されました。

本日は、茂木敏充経済産業大臣から直接、政府の電力システムに関する改革方針案についてご説明を頂き、質疑応答を行いました。

出席された先生方からは、「今こそ、この方針に従って電力システム改革をしっかり進めてほしい。」というご意見が多く聞かれた一方で、様々な観点からご意見やご質問も出され、再度審議を行うこととなりました。

電力システムの改革は、国の形にもかかわる重要な改革です。丁寧な議論を行い、その方向性について合意が得られるよう、さらに取り組んでまいります。


午前9時45分頃からは、「TPP対策委員会」に遅れて出席しました。

本日は、委員会の組織について、西川公也委員長から御説明がありました。この委員会は、新人の皆様を含め、ほとんどの議員が参加する大きな組織であり、各部署の役割分担についても詳細な説明がありました。

私も、第5グループ(経済産業部門)の主査として、自動車をはじめとする工業製品分野、シェールガス等のエネルギー分野などを担当します。国益とは何かという視点から、しっかり調査・検討を進めたいと思います。


午前10時半頃から、「すべてやる。デフレ脱却、雇用増やして給料アップ」議員連盟(通称アベノミクス議連)の勉強会に遅れて出席しました。

本日の講師は、内閣官房参与(経済担当)を務めていらっしゃる米エール大の浜田宏一教授です。

安倍首相の進める大胆な金融緩和政策の理論的なサポーターである浜田先生から、直接考え方を伺うことができた貴重な勉強会でした。


正午からは、「TPP対策委員会 主幹会議」に第5グループ主査の立場で出席しました。本日は、農林水産団体からのヒアリングを行うとともに、今後の主幹会議の進め方について協議を行いました。

主幹会議は、何が守るべき国益なのかについて総合的な判断を行う中核的な会議です。私も、引き続き出席させていただき、情報交換を含め、しっかり対応していきたいと思います。


午後4時ごろには、全国の畜産酪農関係102団体で組織する「日本の畜産ネットワーク」の皆様が、会館にお見えになり、「TPP交渉への参加反対に関する要請書」をお受けしました。

畜産酪農は、農業生産の3分の1を占める重要産業です。食糧安全保障の観点からも、その維持発展を目指すことが国益にかなうことであると考えます。


午後4時半からは、「与党・在外邦人の安全確保に関するPT」の第8回会合に出席しました。

本日は、これまでの会合を踏まえたとりまとめの報告案の文案について協議を行いました。本日出された様々な意見を踏まえて、明後日に再度会議を開催することとなりました。

いよいよこのPTも大詰めです。きちんとした報告を仕上げたいと思います。


(消費税転嫁対策PTで意見を発表されている日本経済団体連合会の阿部泰久経済基盤本部長です。)


(エネルギーシステムに関する合同会議で、冒頭のご挨拶をされる茂木経済産業大臣です。)


(TPP対策委員会は、大入り満員。組織の大きさを実感します。)


(アベノミクス議連では、浜田先生から直接お考えを伺うことができました。)


(TPP委員会主幹会議では、明日もヒアリングを実施する予定です。)


(議員会館をお訪ねくださった「日本の畜産ネットワーク」の皆様です。)


(在外邦人の安全確保PTの冒頭でご挨拶される中谷元座長です。このPTもいよいよ仕上げに入ります。)

  • Calendar

    2024年5月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事