宮下一郎ブログ

伊那市内の企業と伊那市長谷地区を訪問、駒ヶ根市菅沼孝夫後援会幹部会に出席

2012年7月25日

本日(7/24)は、伊那市後援会の阿部凱人会長にご同行を頂き、伊那市内の企業経営者の皆様を訪問しました。

ルビコン株式会社では、登内英夫会長にお会いすることができました。

コンデンサを中心に、電子部品で国際的なモノづくり企業として発展してきたルビコン株式会社ですが、新興国の技術の追い上げが激しく、トップを走り続けるためには、不断の製品開発努力が欠かせないこと、長年製造現場を見てきた経験から、取引先企業などで工場の現状を見ると、瞬時に企業経営がしっかりしているかどうかがわかることなど、様々な貴重なお話を伺うことができました。

また登内会長からは、「日本経済立て直しのためにも、政治がしっかりすることが必要。頑張って欲しい。」との激励を頂きました。


(右から、伊那市後援会阿部会長、登内英夫会長、私です。登内先生には、貴重なお話をお聞かせ下さいまして誠にありがとうございました。)





午後には、長谷後援会の窪田清彦会長、市野瀬支部の宮下広明理事、宮下雅弘支部長、馬場勝人副支部長にご同行を頂きながら市野瀬地区の皆様を訪問しました。

伊那市長谷市野瀬は、父の生家のある地区であり、私の本籍地でもあります。いつも家族のようにご支援を頂いている皆様にお会いし、温かい励ましを頂きました。

皆様にご恩返しができるよう、頑張ってまいります。


(市野瀬では、役員の皆様を始め、多くの皆様が迎えて頂きました。まことにありがとうございました。)


(平成14年に国の補助事業でつくられた農産物処理加工施設「気の里工房」では、煮豆や味噌、おやきや梅干しなどを加工しているところを見学させていただきました。中山都美子さん(私の右)、武井きよ子さん、ありがとうございました。)




夜には、駒ヶ根市議会議員菅沼孝夫先生の後援会幹部会にお招きを頂き、懇談をさせて頂きました。

皆様からは、現在の政治の様々な問題点についてご指摘を頂くとともに、私からは、国民から信頼される政治を取り戻していくことの大切さなどについてお話させていただきました。

懇談の後、福島紀六会長から、後援会として私を推薦・支援することをご提案頂き、皆様からご承認を頂きました。

菅沼先生も、当日2会場で開催された市政懇談会を終えて到着され、激励のご挨拶を頂きました。

皆様のありがたい御心に応えられるよう、努力してまいります。誠にありがとうございました。


(おいしいスイカを頂きながら、皆様と充実した懇談をさせて頂きました。)


(会の最後に、菅沼先生ご夫妻、福島後援会長はじめ後援会幹部の皆様と写真撮影しました。今後とも、ご指導、ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。)

  • Calendar

    2021年12月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事