« | »

伊那市中央区を訪問、年金受給者協会伊那支部マレットゴルフ大会開会式に出席、飯田市で若手経営者の皆様と懇談

2012年7月25日

本日(7/25)は、伊那市後援会中央区支部の高澤会長と中村事務局長にご同行を頂き、支援者の皆様を訪問しました。

お会いした皆様から、「応援しています。」「早く復帰して欲しいと願っています。」など、ありがたい言葉を頂きました。ご期待に添えるよう、頑張ります。


(中華料理店「竜門」の皆様には、いつも強力なご支援を頂いています。左から高澤会長、私、竜門の奥様、家内、中村事務局長です。)



午後1時半からは、南箕輪村の大芝高原で開催された「上伊那年金受給者協会伊那支部マレットゴルフ大会」の開会式に出席しました。

うす曇りの天気となり、木陰はさわやかで、まさにスポーツ日和。100人弱の皆様が参加され、盛大な大会となりました。皆様大変お元気で、中には、午前中にすでに1ラウンド周り、大会でもう1ラウンドまわるという方もいらっしゃいました。

私からは、「本日ご参加の皆様は、健康長寿間違いなし。楽しい大会となることを祈念します。年金制度をよりよいものにするためにも、産業や地域の振興が欠かせません。そのためにも頑張ってまいります。」とご挨拶をさせて頂きました。


(開会式の前には、多くの皆様から励ましの言葉を頂きました。誠にありがとうございました。)




夜7時からは、飯田市で、若手経営者・会社役員の皆様をメンバーとする「やわつむりの会」にお招きを頂き、懇談をさせて頂きました。

皆様からは、

「消費税増税をどう乗り切っていったらよいのか」

「歳出削減で増税を回避できないのか」

「日本のエネルギー政策はどう進んでいくのか」

「海洋資源の活用は」

「将来にどのような夢を描いているのか」

など、さまざまなご質問が出されました。

私からは、

●少子高齢化による社会保障給付増大が財政状況の悪化を招き、消費税引き上げの必要性がでできたこと、

●しかし、経済を好転させなければ、税率引き上げは困難であること、

●したがって、新産業の育成や地方の振興等が大切であること、

●エネルギー政策は環境問題からも捉え、長野県がエネルギーや食糧などを自給自足できる地域として発展させたいと考えていること、

●リニアや三遠南信自動車道の開通を踏まえ、多くの企業や教育・研究機関を伊那谷に呼び込み、モデル地区として発展させたいと考えていること、

等を中心に、お話をしました。

お陰様で、充実した会となりました。ご出席頂いた皆様に、心から感謝を申し上げます。


(様々な課題について、本音での懇談をさせて頂きました。本当にありがとうございました。)

« | »
  • Calendar

    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の記事

  • 過去の記事