IT戦略特命委員会に出席、上村和田連合小国会見学、児童の養護と未来を考える議員連盟勉強会、衆議院決算行政監視委員会、清和研政策委員会、棚田支援に関するPTに出席、党の若年層ヒアリング会場を訪問

2018年5月17日

5月17日は、午前8時から「IT戦略特命委員会」に出席しました。

本日は、デル株式会社の平手智行社長と黒田晴彦最高技術責任者より、「デジタルトランスフォーメーション 2030年を見すえて、世界の潮流と日本」と題したお話を伺い、質疑を行いました。

多くの日本企業がこれからのデジタル社会に対応した研究開発投資の重要性についての認識が低いとのご指摘を頂き、危機感を抱きました。


午前9時過ぎには、飯田市立上村和田連合小学校の皆さんが国会見学に来られました。本日は見学される学校が多く、待機所にすぐに移動できない状態だったため、国会議事堂裏の路上で皆さんにご挨拶をしました。皆さん、真剣に私の話に耳を傾けてくれました。


午前9時半には、「児童の養護と未来を考える議員連盟勉強会」に出席しました。

本日は、塩崎恭久会長から、「都道府県社会的養育推進計画の策定要領案」についての課題などについてご説明を頂き、質疑を行いました。

私からは、課題を抱えた子どもさん一人一人のアセスメントを行ったうえで、それぞれが望ましい環境で育つことが出来ることを目指した計画を策定すべき、との立場で意見を申し上げました。


午後12時50分からは、「衆議院決算行政監視委員会理事会」、午後1時からは委員会に出席しました。

本日は、平成28年度予備費についての質疑が2時間にわたって行われました。質疑終局後に討論と採決が行われ、賛成多数で可決されました。


午後4時からは、「清和研政策委員会」に出席しました。

本日は、元内閣府次官の松本崇先生を講師にお迎えし、「エレファント・カーブの時代 ~世界最低の経済成長率の日本~」と題したご講演を頂き、質疑を行いました。

生産性向上による成長率の引き上げを実現するために、ハイリスク・ハイリターンの投資が出来る環境を整えることが重要であり、そのために現役世代への社会保障を厚くした上で、労働移動が安心してできる環境を整えることが必要であることなどについて、明快なご示唆を頂くことが出来ました。


午後5時15分からは、「棚田支援に関するプロジェクトチーム」の第1回会合に出席しました。

本日は、座長の江藤拓先生から、本プロジェクトチーム立ち上げの趣旨などについて説明を頂くとともに、メンバー構成についても了承されました。私は、座長代理を拝命することとなりました。

本日は、内閣府、文化庁、農林水産省、国土交通省、観光庁、総務省、環境省より、現状の棚田に関する施策の現状について説明を受け、棚田を核とした中山間地域活性化方策について意見交換を行いました。


午後7時前には、「党・政治制度改革実行本部 若年層のチャンス拡大部会」の会場を訪ね、高森町出身でご参加頂いた大学2年生の木村優也さんにご挨拶をしました。

本日は、同じく高森町出身の本塩竜哉さんと松尾暁季野さんもご参加頂きましたが、私が会場に訪ねた際には、まだお見えになっていなかったため、残念ながらお二人にはお会いすることが出来ませんでした。

本日は、約40名の皆さんにご参加頂き、約2時間にわたって、自民党の活動についてご意見を頂くというプログラムになっています。

私自身も、若い世代の皆様のご意見を政治に反映できるよう、努力していきたいと思います。


(IT戦略特命委員会での平井卓也委員長からのご挨拶です。)


(国会見学に来られた飯田市立上村和田連合小学校の皆さんにご挨拶をしているところです。)


(児童の養護と未来を考える議員連盟勉強会での塩崎恭久会長からのご挨拶です。)


(衆議院決算行政監視委員会の様子です。)


(衆議院決算行政監視委員会の議事日程です。)


(清和研政策委員会で委員長の立場でご挨拶をしているところです。私の右が講師の松本崇先生です。)


(棚田支援に関するプロジェクトチームでの江藤拓座長からのご挨拶です。)


(「党・政治制度改革実行本部 若年層のチャンス拡大部会」にご参加頂いた木村優也さんと記念撮影をしました。)

ユニバーサル社会推進議員連盟に出席、両小野小国会見学、サイバーセキュリティ対策推進議員連盟総会、社会的事業に関する特命委員会、全国水源林造林協議会連合会総会、IoHH活用健康寿命革命PT、あるべきメンタルヘルスを実現するための勉強会に出席

2018年5月16日

5月16日は、午前8時から「国土交通部会・内閣第一部会・ユニバーサル社会推進議員連盟 合同会議」に出席しました。

本日は、議員立法である「ユニバーサル社会の実現に向けた諸施策の総合的かつ一体的な推進に関する法律案」について説明を受け、質疑の結果、了承されました。


午前10時前には、両小野小学校の皆さんが国会見学に来られました。私から、国会の役割などについて説明をするとともに、皆さんのこれからの大活躍に期待して激励のご挨拶をしました。


午前11時からは、「サイバーセキュリティ対策推進議員連盟総会」に出席しました。

本日は、前年度提言のレビューと平成30年度骨太方針に向けた議連提言の取りまとめをテーマに意見交換を行いました。


正午からは、「社会的事業に関する特命委員会」に出席しました。

本日は、さいたま市経済局商工観光部の吉田茂経済政策課長より「さいたま市CSR施策」について説明を受け、質疑を行いました。企業の前向きな取り組みを評価する取組みであり、さらなる発展が期待されます。


午後2時からは、「全国水源林造林協議会連合会通常総会」に出席しました。

新たな森林管理システム法案の成立と森林環境税の創設を踏まえ、水源造林もさらにすすめていかなければなりません。本日は、長野県から参加された朝日村の中村武雄村長にもお会いすることが出来ました。


午後3時からは、「一億総活躍推進本部 IoHH活用健康長寿革命プロジェクトチーム」に出席しました。

本日は、株式会社カナミックネットワークの山本稔会長と日本医師会の石川広己常任理事より「医療データのネットワーク化」について、日本柔道整復師会の新井宏情報管理室長と日本鍼灸師会の仲野弥和会長、大口俊徳副会長、南治成副会長より、「パラメディカルも参画した地域包括ケア」について、株式会社シーディーアイの岡本茂雄社長より「介護分野におけるAIの活用」について、それぞれお話を伺いました。

健康・医療・介護に関わる皆様の情報連携が大きな効果を生むことを実感することができました。


午後4時からは、「あるべきメンタルヘルスを実現するための勉強会」に出席しました。

本日は、全国心理業連合会の浮世満里子代表より、「SNSを活用した自殺防止対策(メンタルヘルス対策)相談事業」についてお話を伺い、質疑を行いました。

これまでの電話相談よりもSNSによる相談の方が、相談しやすいなどのメリットがあること、対応人材の育成などの課題があることなど、様々な角度から学ぶことが出来ました。

私からは、単なる相談だけでなく、相談の背景にある課題を解決するために必要な行政部門への問題提起や、法律の整備などにつなげるための立法府への情報提供なども行うことが必要なのではないか、との意見を申し上げました。


(ユニバーサル社会推進議員連盟の石破茂会長からのご挨拶です。)


(両小野小学校の皆さんに国会の役割などについてお話をしているところです。)


(サイバーセキュリティ対策推進議員連盟総会で、内閣府より説明を受けているところです。)


(社会的事業に関する特命委員会終了後に、講師を囲んで記念撮影をしました。中央左が吉田茂課長、中央右が新海研司主事です。)


(全国水源林造林協議会連合会通常総会での中谷元会長からのご挨拶の様子です。)


(IoHH活用健康長寿革命プロジェクトチームでの片山さつきPT座長からのご挨拶です。)


(あるべきメンタルヘルスを実現するための勉強会で、浮世満里子代表よりお話を伺っているところです。)

普及事業推進議員懇談会総会、決算行政監視委員会、企業会計小委員会、衆議院本会議に出席しました

2018年5月15日

5月15日は、午前8時から「普及事業推進議員懇談会総会」に出席し、事務局長として司会進行を行いました。

会の始めに、恒例となった「農業改良普及の歌」を出席者全員で斉唱しました。

議事では、農林水産省より「協同農業普及事業関連予算」と「林業普及指導事業関連予算」について説明をうけるとともに、全国農業改良普及職員協議会の依田健人副会長とと全国林業普及指導職員協議会の落合辰巳会長から、農業高校や林業高校との連携の取組みについてお話を伺いました。


午前8時50分からは、衆議院決算行政監視委員会理事会、午前9時からは委員会が開催され、午前中1時間、衆議院本会議後に3時間の一般質疑が行われました。委員会の最後には、麻生財務大臣より、平成28年度予備費の承諾を求めるの件についての概要説明を聴取しました。


午前11時からは、「金融調査会・企業会計小委員会 合同会議」に出席しました。

本日は、日本公認会計士協会と4大監査法人の皆様から「監査法人のガバナンス改革」の現状についてお話を伺い、金融庁からは「監査報告書の透明化」について説明を受けて質疑を行いました。

企業会計不正をめぐる事件などを踏まえ、どのように監査の適正化を図るかとの観点から、熱心な議論が行われました。


午後1時からは、「衆議院本会議」に出席しました。

本日は、「民間資金活用公共施設整備促進法」、「不正競争防止法」、「海外社会資本事業参入促進法」の採決が行われ、いずれも可決されました。さらに、「文部科学省設置法」についての趣旨説明と質疑が行われました。


(普及事業推進議員懇談会総会の冒頭に、全員で農業改良普及の歌を歌っているところです。)


(衆議院決算行政監視委員会で、秋葉健也先生の質問に答える吉野正芳復興担当大臣です。)


(衆議院決算行政監視委員会の議事日程です。)


(金融調査会・企業会計小委員会 合同会議で、私から小委員長としてのご挨拶を申し上げているところです。)


(衆議院本会議の議事日程です。)

衆議院予算委員会集中審議開催、自民党養豚議員連盟で農水大臣に申し入れ、タクシー・ハイヤー議連総会に出席

2018年5月14日

5月14日は、午前8時5分から衆議院予算委員会理事会、午前8時25分から委員会が開催され、外交他諸課題をテーマに、安倍総理出席の下で3時間半あまりにわたって集中審議が開催されました。

岸田文雄政調会長は、内外の情勢を踏まえた外交課題を中心とした質問をされましたが、多くの野党議員がほとんどの質問時間を加計学園問題に振り向け、外交問題での議論が深まらなかったことを残念に感じました。


午後3時45分からは、自民党養豚農業振興議員連盟の一員として、「養豚チェックオフの導入と法制化を実現させる決議」を持ち、齋藤健農林水産大臣に申し入れを行いました。

議連の宮腰光寛会長からは、豚肉についての国際競争が激しくなる現状を踏まえ、豚肉経営者全てを対象に1頭当たりの拠出金を徴収し、それを財源に消費促進・拡大や輸出拡大、人材育成・教育、調査研究事業などを行うチェックオフ制度の導入の必要性を齋藤大臣にしっかりと訴えて頂きました。


午後4時すぎからは、「タクシー・ハイヤー議員連盟総会」に出席しました。

本日は、規制改革会議が5月11日に発表した「多様な移動ニーズに応える新たなタクシーサービスについての意見」について説明を受けるとともに、全国ハイヤー・タクシー連合会の川鍋一朗会長からご意見を伺い、質疑を行いました。

さらに、本国会で議論されている「生産性向上特別措置法案」の説明を受け、議論を行いました。

私からは、公共性や安全性の観点から、ウーバーを含め、安易に白タク行為を認めるべきではないとの観点から意見を申し上げました。


(衆議院予算委員会理事会の様子です。)


(岸田文雄政調会長の質問に答える河野太郎外務大臣です。)


(衆議院予算委員会の発言表です。)


(自民党養豚農業振興議員連盟のメンバーで齋藤健農林水産大臣に申し入れを行いました。)


(宮腰光寛会長からチェックオフ制度導入の必要性についてお話頂いているところです。)


(タクシー・ハイヤー議員連盟総会で、全国ハイヤー・タクシー連合会の川鍋一朗会長からご意見を伺っているところです。)


(北陸信越地区を代表して出席された富山交通株式会社の土田英喜社長にもお会いすることが出来ました。)

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事