阿南町、天龍村、喬木村、大鹿村の豪雨被災地を視察しました

2020年7月26日

7月26日は、長野県飯田建設事務所の細川容宏(よしひろ)所長、南信州地域振興局の丹羽克寿局長をはじめとする皆様にご同行を頂き、阿南町の「かじかの湯」と「鴨目(かんめ)」地区、天竜村の「足瀬」地区、喬木村の「加々須~大島」地区、大鹿村の「釜沢」地区を訪問し、今般の7月豪雨により被災された状況を視察しました。

各現場では、地元町村長の皆様や地域の皆様から被災の状況について詳しくお話を伺うことが出来ました。

各地区の状況は写真やデータから想像していたよりも大規模であること、地域住民の皆様の生活に様々な影響を与えていることを実感しました。

皆様には、各被災地の早期の改良復旧に向けて、国・県・地元自治体連携の下に、しっかり取り組むことをお約束しました。


阿南町かじかの湯のロッジエリアの山腹崩壊現場です。


ロッジの給湯器も土砂の圧力でつぶれていました。


住宅の裏側の崖が崩れた阿南町鴨目地区の現場で、説明を受けているところです。


これは、崖崩れの予兆を測定する機械です。斜めに渡されたパイプの中にワイヤーが通っており、両側の杭の間隔の変化を0.1ミリ単位で測定することができます。


センサーが1時間に4ミリ以上の変化を感知するとサイレンが鳴り、避難を促す仕組みになっています。


国道418号が分断された天竜村足瀬の現場です。二か所の崩落が見えますが、手前は数日前に発生したとのこと。斜面には、今日も音を立てて泥が流れ落ちていました。


天竜村の永嶺村長をはじめとする皆様から状況の説明を頂きました。


県道が崩落し、一時孤立集落が発生した喬木村加々須地区では、喬木村の市瀬村長、小池長野県議会議長をはじめ、多くの地域の皆様が視察に同行を頂きました。


雨の中駆けつけてくださった皆様に私からご挨拶をしているところです。


飯田建設事務所の細川容宏所長から崩落の状況や復旧プランについて説明を受けているところです。


仮橋が一度流され、再度、地元の大平建設の皆様が丸太でつくった橋です。この橋のおかげで集落の農産物の出荷が出来たとのことでした。


大規模な地滑りにより、大きな段差ができた大鹿村釜沢地区の現場です。我々の首の高さぐらいまで、地面が落ち込んでいます。


大鹿村の柳島村長から周辺の状況について説明を受けているところです。この道の一段下の県道にも崩落があり、リニア中央新幹線の工事現場に向かう車両も通れなくなっているとのことでした。


ここにも、地面の変化を感知するためのセンサーが設置されていました。

金融庁広報誌アクセスFSA金融庁設立20周年記念号が発行されました

2020年7月23日

金融庁は、7月1日、設立から20周年を迎えました。これを記念して、先週、金融庁広報誌アクセスFSAの「金融庁設立20周年記念号」が発行されましたのでご紹介します。

社会全体が大きく変革する中で、金融庁の果たすべき役割も益々重要となっています。私も、皆様と共に、しっかり取り組んでまいります。

内容は、こちらからPDFでもご覧いただけます。







自民党児童の養護と未来を考える議連合同勉強会に出席、金融庁幹部と記念撮影、令和2年豪雨災害対策本部、超伝導リニア鉄道特別委員会に出席、雇用関係事業者ヒアリングに参加、新型コロナウイルス感染症対策本部に出席

2020年7月22日

7月22日は、午前9時から「自民党 児童の養護と未来を考える議員連盟・超党派 児童虐待から子どもを守る議員の会 合同勉強会」に出席しました。

本日は、「東京都大田区における三歳児の死亡時案について」を議題とし、厚生労働省から説明を受けた後に、武蔵野大学看護学部看護学科教授の中板育美先生と日本子ども虐待防止学会理事長の奥山眞紀子先生からお話を伺いました。

両先生のお話を通じて、今回の事案の母親自身も被虐待児であり、虐待の世代間連鎖を抑制するためには、養育能力を持ちえなかった親と子供を孤立させない支援が重要であることを理解することが出来ました。

午前10時半からは、「令和2年豪雨災害対策本部」に出席しました。

本日は、7月20日に熊本県、岐阜県・長野県、大分県の3班に分かれて実施された被災地の現地視察の報告を伺い、引き続き関係各省から政府の対応方針についての説明を受けました。さらに、とりまとめられた緊急提言案を含めて、質疑が行われました。

私からは、飯田市にお越しいただいた鈴木俊一総務会長と佐藤信秋災害対策委員長代理に御礼を申し上げるとともに、改めて今回の豪雨が36災に比べても激しいものであり、地域の皆様の生活に大きな影響を与えていることを踏まえ、改良復旧に向けて一層のお力添えをお願いしました。

午前11時半からは「超電導リニア鉄道に関する特別委員会」に出席しました。

本日は、リニア沿線の知事・副知事の皆様にご出席いただき、「リニア中央新幹線の整備についての意見交換」が行われました。

愛知県の大村秀章知事、岐阜県の吉田肇知事、長野県の阿部守一知事(オンライン参加)、静岡県の川勝平太知事(オンライン参加)、山梨県の長崎幸太郎知事、神奈川県の黒岩祐治知事、東京都の武市敬副知事から、それぞれご意見を頂きました。

特に、静岡県の川勝知事からは、本来、リニア中央新幹線に賛成であるが、水問題の解決が必要であり、県および国における専門家会議の結論を尊重する、などの趣旨で発言がありました。

午後1時半からは、オンライン形式で行われた「雇用関係事業者ヒアリング」に参加しました。

本日は、中央大学経済学部教授の阿部正浩先生から「コロナ禍の労働市場」と題したお話を、日本総合研究所副理事長の山田久先生から「雇用情勢の見通しとシェアリング型一時就労」と題したお話をそれぞれ頂き、質疑を行いました。

約2時間にわたる会議を通じて、新しい働き方に対応したマッチングの在り方や教育訓練のあるべき姿など、様々な点について貴重なご示唆を頂くことが出来ました。

午後5時40分からは、首相官邸で開催された「新型コロナウイルス感染症対策本部」に出席しました。

会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。

安倍総理からは、本日の議論を踏まえて、次のような趣旨で発言がありました。

1.新型コロナウイルス感染症について、現状は、感染状況の拡大を十分に警戒すべき状況にはあるが、検査体制の拡充や医療提供体制の整備が進んでいること、感染は主に若い世代の中で広がっており、重症者が少ないことなどを踏まえると、4月の緊急事態宣言時とは大きく状況が異なっている。

2.他方で、足元で、東京を中心に新規感染者数が増えていることから、大規模イベントについては、現在5,000人の人数上限を設定しているが、これを8月末まで維持しつつ、その間の感染状況を踏まえながら、判断する。

3.最も重要なことは、ウィズコロナの時代にあって、効果的な感染防止策を講じながら、社会経済活動を段階的に回復させていく、この両立をしっかりと図っていくことである。このため、都道府県と連携して、検査体制の更なる強化を図るとともに、事業者の方々に対して、業種別ガイドラインの遵守をより徹底していく。

4.重症化する可能性が高い、高齢者や基礎疾患のある方々への感染拡大を防ぐため、感染リスクが高いと判断される場合には、医療機関や高齢者施設等において速やかに検査を行えるように、高齢者施設等については出張方式の検査が実施できるように具体的な検討を進めていく。

5.国民の皆様には、明日からの4連休、3つの密の回避、大声を出す行動を控えること、マスク・手洗い・消毒・換気などを徹底していただくようお願いしたい。

6.南米諸国を始め、世界的な感染拡大が見られる中、水際対策については、既存の措置を8月末まで延長するとともに、新たに入国拒否対象地域を追加するなど、国外からの新型コロナウイルスの流入防止に引き続き万全を期す。同時に、これらの措置と両立する形で、国際的な人の往来の再開を順次進めていく。

7.まずは、再入国許可を取って出国した外国人の再入国を段階的に認めることとする。その際、感染拡大防止の観点から、現居住国等でのPCR検査証明の取得などの追加的な措置を講じる。また、感染状況が落ち着いている東アジアや東南アジアの12か国・地域との間で、ビジネス上必要な人材等の往来再開に向け、新たに協議・調整を進めていく。

8.今回の措置の対象とならない国・地域についても、ビジネス上のニーズ等を勘案し、防疫上の要件を設定した上で、短期間・少人数に限定した往来の枠組みを導入する。

9.このほか、来年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて、今後、アスリートや大会関係者等の入国に向けた措置を検討する。

10.こうした国際的な人の往来と感染拡大防止を両立するためには、我が国の検査能力・体制の強化が不可欠。引き続き、厚生労働省を始めとした関係省庁が連携して、代替的な検査方法の導入や検査センターの立ち上げ等を早急に進めてほしい。

11.各位にあっては、感染の拡大をできるだけ抑えながら、社会経済活動との両立を図っていくため、事業者や地方自治体とも連携して、これらの対策に引き続き全力で当たっていただきたい。

関連動画


児童の養護と未来を考える議員連盟の塩崎恭久会長のご挨拶です。


金融庁幹部の皆様との記念写真です。


令和2年豪雨災害対策本部での二階俊博本部長のご挨拶です。


超電導リニア鉄道に関する特別委員会での古屋圭司委員長のご挨拶です。


オンラインで開催された雇用関係ヒアリングで発言をしているところです。


首相官邸で開催された新型コロナウイルス感染症対策本部の様子です。


安倍総理が発言をされているところです。

新型コロナウイルス関連肺炎対策本部に出席、JA北海道厚生連と自治体の皆様から要望、新たな国家ビジョンを考える議連 憲法改正分科会に出席、伊那商工会議所議員総会でオンライン講演

2020年7月21日

7月21日は、午前9時から「新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」に出席しました。

本日は、厚生労働省から「新型コロナウイルスに関連した感染症の現状と対策」について、国土交通省から「Go To トラベル事業」について、説明を受け、質疑を行いました。

本日は、特にGo To トラベル事業の進め方などについて多くの意見が出されました。

午前10時45分からは、JA北海道厚生連の中瀬 省 会長と、弟子屈町の徳永哲雄町長、遠軽町の佐々木修一町長、網走市の水谷洋一市長、湧別町の石田昭廣町長をはじめとする皆様がお見えになり、「新型コロナウイルス感染症拡大による病院経営の危機へ対応するための緊急要請書」と「地域医療を継続するための緊急要望書」を頂きました。

皆様からは、今回のコロナ対応で、地域医療を支える厚生連病院が経営危機に直面していること、厚生連病院を支えてくださっている市町村に対する支援も重要であることなどについて、お話を伺いました。

「農民の健康を創る会」の事務局長としても、皆様をしっかり応援していくことをお誓いしました。

午後2時からは、「WithコロナAfterコロナ新たな国家ビジョンを考える議員連盟 憲法改正分科会」に出席しました。

本日は、拓殖大学大学院地方政治行政研究科特任教授の濱口和久先生から「緊急事態条項と日本の危機管理 ~緊急事態条項を憲法に明記せよ~」と題したご講演を頂き、質疑を行いました。

パンデミックや甚大な自然災害、武力攻撃事態などが起こり国会が開けない場合、政府が一時的に法律と同じ効力を持つ政令を制定し、一時的に私権を一部制限できるようになるといった緊急事態条項が憲法にない場合、法律による制限を設けても憲法違反とされる可能性が大きいこと、参議院の緊急集会では長期にわたる危機への対応として課題があることなどについて、理解することが出来ました。

午後3時半からは、伊那商工会議所通常議員総会後の特別講演会に講師としてオンラインで参加し、「ウイズコロナ・アフターコロナで目指すべき社会」をテーマに、お話をさせて頂きました。

先週金曜日に閣議決定された「骨太方針2020」で掲げられた我が国の課題や目指すべき未来、感染症対策や国土強靭化、デジタルニューディールや多核連携型の国づくり、人・イノベーションへの投資、包摂的社会の実現、新たな世界秩序の下での活力ある日本などについてお話をするとともに、伊那谷のアドバンテージについてもお伝えし、「伊那谷から日本を元気に!」をモットーに皆様と共に努力していくことをお誓いしました。

質疑では、観光産業振興とGo Toキャンペーンの在り方、伊那谷発展の姿などについてご質問を頂き、お答えをしました。


新型コロナウイルス関連肺炎対策本部での岸田文雄政務調査会長のご挨拶です。


JA北海道厚生連と病院・診療所所在地市町村長の皆様から要望書を頂き、お話を伺いました。


WithコロナAfterコロナ新たな国家ビジョンを考える議員連盟 憲法改正分科会での下村博文分科会座長のご挨拶です。


議員会館の部屋で、オンラインで伊那商工会議所通常議員総会後の特別講演会に参加し、講演をしているところです。



骨太方針2020の概要です。クリックでPDFファイルをご覧いただけます。

  • Calendar

    2020年8月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 最近の記事

  • 過去の記事