後援会伊那支部マレットゴルフ大会開催、年金を守る会マレットゴルフ大会で挨拶、伊那ケーブルテレビインタビュー、伊那市の宮島酒店を訪問

2020年10月18日

10月18日は、午前8時半から南箕輪村の大芝高原マレットゴルフ場で、「後援会伊那支部マレットゴルフ大会」が開催されました。

昨年にも増して多くの皆様がご参加いただき、盛大に開催することが出来ました。

午前9時から私が始球式をさせて頂き、プレーが開始されました。

昨日の雨でグラウンドコンディションが心配されましたが、水はけが良いコースのため、問題なくプレーが出来ました。

表彰式では、全員の皆さんのスコアが配られましたが、優勝された方はパー72のコースを52打で回られ、8名の方がホールインワンをされるなど、ハイレベルの戦いだったことを実感しました。また、90歳以上の方も3名参加して下さるなど、ベテランの皆様の活躍も目立った大会でした。

本日は、同じマレットゴルフ場で、伊那市・南箕輪村の「年金を守る会」の皆様による大会も開催されていました。

日頃からお世話になっている皆様にご挨拶をするとともに、表彰式でも、飛び入りでお祝いのご挨拶をさせて頂きました。

また、後援会の皆様がプレーをされている間に、伊那ケーブルテレビの取材を受け、「自民党農林部会長就任についての感想」や「今後の当地域の農林業にむけた抱負」などについての質問にお答えをしました。

午後1時半には、伊那市の合資会社宮島酒店(信濃錦 醸造元)を訪問し、宮島敏社長にお会いしました。

私からは、この度開催された「第3回エコプロアワード」において、宮島酒店が取り組んでこられた「地元産契約栽培米を用いた低精白の純米醸造酒」が最高賞である「財務大臣賞」を受賞されたお祝いを申し上げ、宮島社長から、これまでの取組についてのお話を伺いました。

同社では、地元農家との契約栽培でつくった有機農法無農薬米を原料とされています。また、通常の純米酒醸造では、雑味を除き、味や香りを良くするために米の表面を削り落とす精米の割合を高めていますが、過度な精米はエネルギー消費の増大や食料廃棄率上昇につながるため、同社では精米率を抑えて美味しい酒造りをしようと努力されています。

有機農法無農薬米づくりでは、夏の雑草取りが課題でしたが、地元や都会からのボランティアの皆様による「草取り援農の会」の力でこれを解決しているそうです。

また、宮島社長は、天体観測や登山、写真撮影など、様々な分野の才能もお持ちの方です。

現在は、一般社団法人長野伊那谷観光局のCMO(Chief Marketing Officer)として、上伊那地域全体の観光の将来像やマーケティング指針の策定などにも関わられています。宮島社長の今後益々のご活躍に期待しています。

なお、宮島酒店のSDGsへの取組については、こちらをご参照ください。


後援会伊那支部マレットゴルフ大会の開会式でご挨拶を申し上げているところです。


始球式の様子です。お陰様でナイスショットが打てました。


後援会伊那支部役員の皆様との記念写真です。


表彰式の後で、ご参加くださった皆様と記念撮影をしました。


年金を守る会の皆様との記念写真です。


年金を守る会マレットゴルフ大会の表彰式で、ご挨拶をさせて頂いているところです。


伊那ケーブルテレビのインタビューを受けているところです。


宮島酒店(信濃錦 醸造元)の宮島敏社長との記念写真です。


財務大臣賞受賞を伝える地元紙の記事です。


エコプロアワード財務大臣賞受賞について報告する文書です。

下伊那南部・西部の皆様を訪問しました

2020年10月17日

10月17日は、家内と共に、下伊那南部・西部の町村を訪問し、ご挨拶周りをしました。

雨降りの一日でしたが、途中、霧や雲につつまれた風景や、雨露に濡れた花や柿の実など、多くの秋の美しさに触れることが出来ました。









JAみなみ信州より要請を頂きました

2020年10月16日

10月16日は、飯田市のJAみなみ信州本所において、寺沢寿男組合長より「地理的表示(GI)保護制度登録産品”市田柿”ブランドの確立に関する要請」を頂き、お話を伺いました。

当産地の市田柿は、約3000人の小規模な生産者により生産されていますが、地理的表示(GI)保護制度登録産品として生産工程管理業務規定に基づいて厳格に生産工程が管理されています。

皆様からは、来年6月にスタートする食品衛生法の一部改正による衛生管理に対応するために必要となる体制の整備について、実態を踏まえたものとなるようご要望を頂きました。

私からは、皆様からのお話を踏まえて、その実現に努力することをお誓いしました。


JAみなみ信州の寺沢寿男組合長と中村彰常務理事より要望書を頂きました。


寺沢組合長から、要望の具体的内容についてご説明を頂いているところです。

森のようちえん振興議員連盟総会が開催されました

2020年10月15日

10月15日は、午前11時から、私が会長を務める「森のようちえん振興議員連盟 第2回総会」が開催されました。

本日は、事務局長である務台俊介先生の開会のご挨拶に引き続き、私からご挨拶をさせて頂き、幹事長である堀内詔子先生からもご挨拶を頂きました。

議事では、NPO法人 森のようちえん全国ネットワーク連盟の藁谷(わらがい)久雄副理事長、理事の小林成親先生と横田聖美先生、森のようちえん まるたんぼう代表の西村早栄子先生から、「新型コロナウイルス感染拡大に関する自然学校等への影響」や「コロナ禍で顕在化した課題や森のようちえんの効果」などについて、お話を頂きました。

次に、文部科学省から「地域における小学校就学前の子供を対象とした多様な集団活動等への支援の在り方に関する調査事業について」「都道府県と市町村に関する実務ワーキングチームの議論の状況について」「令和3年度内閣府予算概算要求の主要施策(子ども・子育て関係)について」の説明を頂き、質疑を行いました。

議事や質疑を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により自然学校等の経営危機が深刻化している一方、森のようちえんの価値が再発見されてきていることを感じました。

また、私からは、文部科学省の今年度の調査や実務ワーキングチームの議論を踏まえて、来年度に自然学校への支援が広がるよう、年末の予算要求に向けた作業を加速するよう要望をしました。


森のようちえん振興議員連盟総会で会長としてご挨拶を申し上げているところです。


NPO法人 森のようちえん全国ネットワーク連盟の藁谷(わらがい)久雄副理事長よりお話を伺っているところです。


総会の終了後に、ご出席いただいたNPO法人 森のようちえん全国ネットワーク連盟の先生方と記念撮影をしました。
右から、森のようちえん まるたんぼう代表の西村早栄子先生、 森のようちえん全国ネットワーク連盟理事の小林成親先生と横田聖美先生、副理事長の藁谷(わらがい)久雄先生、私、務台俊介先生、堀内詔子先生です。

 

  • Calendar

    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事