高森町新町長より要望、国土交通省地元事務所の皆様が来訪、地域共生社会確立PT、日本Well-being計画推進PTに出席

2018年4月16日

4月16日は、午後1時前に新たに高森町長に就任された壬生町長がお見えになり、町の重点事項についてのご要望を頂きました。

午後2時からは、国土交通省天竜川上流河川事務所の椎葉所長、天竜川ダム統合管理事務所の國村所長、三峰川総合開発工事事務所の小林所長がお見えになり、現在進められている事業などについてのご説明を頂きました。

午後3時からは、「一億総活躍推進本部 地域共生社会の確立プロジェクトチーム」に出席しました。

本日は、社会医療法人祐愛会織田病院の織田正道理事長から「Society5.0に向けた医療の実現について ICTを活用して「地域包括ケア」をバックアップ」と題したご講演を頂き、質疑をしました。これからのICT活用の可能性を実感することが出来ました。

午後4時からは、「日本Well-being計画推進プロジェクトチーム」に出席しました。

本日は、事務局長の上野道子先生から、これまでの取組みについてのご説明を頂いた後に、科学技術振興機構社会技術研究開発センター領域総括の大守隆先生から、「幸福志向型指標群の整備と活用」と題したご講演を頂き、質疑を行いました。

客観的指標と主観的指標の両者を活用しながら、現状の検証と将来の政策決定に活かしていくことが大切であることを学びました。


(高森町の壬生町長(右)と総務課の古林財政係長からご要望とお話を伺いました。)


(天竜川上流河川事務所の椎葉所長(私の左)をはじめとする地元所長の皆様からお話を伺いました。)


(地域共生社会の確立プロジェクトチームでご講演をされた織田正道理事長のご挨拶の様子です。)


(日本Well-being計画推進プロジェクトチームでの下村博文座長からのご挨拶の様子です。その右が、ご講演を頂いた大守隆先生です。)

伊那市長選挙白鳥孝候補出陣式、伊那公園桜まつりイベント、駒ヶ根市身体障害者福祉協会通常総会に出席、光前寺で春の風景を撮影

2018年4月15日

4月15日は、本日告示となった伊那市長選挙に立候補した白鳥孝候補の出陣式に出席しました。

私からは、これまでの2期8年にわたる白鳥市長の在任中に、互いに夢を語り合い、応援をしてきた関係であること、9年後のリニア中央新幹線・三遠南信自動車道の開通に向けて、さらにご活躍頂くことが必要であることを訴えて応援のご挨拶を申し上げました。


午前11時からは、「第18回伊那公園桜まつりイベント」の開会式に出席しました。

あいにくの雨模様で、散った桜も多い中での開会式となりましたが、私からは、午後からの天気の回復の予想もあることから、今日一日、お祭りを大いに盛り上げて頂き、伊那市発展の原動力となることをお願いしてお祝いのご挨拶を申し上げました。

開会式の後に、地元の、伊那市後援会中央区支部の皆様と懇談をさせて頂きました。皆様からも温かい激励の言葉を頂きました。


午後1時からは、「駒ケ根市身体障害者福祉協会通常総会」に出席しました。

私からは、平昌パラリンピックでの選手の皆様の活躍から元気をもらったこと、人生100年時代と言われる昨今、高齢に伴い障害を持つ方が増える中、2020東京パラリンピックに向けて、最新技術も積極的に活用しながら、高齢者や障害者の皆様に住みよい社会をつくるため努力していくことをお誓いしました。


午後2時すぎからは、駒ヶ根市の光前寺とその周辺で春の風景を撮影しました。しだれ桜など、様々な花が満開で、多くの観光客の皆様でにぎわっていました。本日も、美しい風景に出合うことが出来ました。


(雨の中開催された白鳥孝候補の出陣式で応援演説をしているところです。)


(伊那公園桜まつりイベントに到着した際、女性の皆様から桜茶を頂きました。)


(伊那公園桜まつりイベント開会式でお祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(伊那市後援会中央区支部の皆様にお会いすることが出来ました。)


(私から、日頃の御礼を兼ねて後援会中央区支部の皆様にご挨拶を申し上げました。)


(駒ヶ根身体障害者福祉協会通常総会で、お祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(光前寺の近くで、水仙の花と中央アルプスの山々を撮影しました。)


(これも、光前寺近くで撮影した風景です。)


(光前寺門前の見事なしだれ桜です。)


(光前寺の前庭も様々な桜が満開でした。)


(光前寺の山門の向こうに、満開の桜が輝いて見えました。)


(参道の人々に降り注ぐような形の見事なしだれ桜です。)


(お寺の建物と桜はとてもよく似合います。)


(参道の両脇の石に生えた苔も、午後の光に輝いてきれいでした。)


(降り注ぐ光で桜の花びらが輝いてきれいに見えました。)


(境内を散策すると、せせらぎのある素敵な風景に出合いました。)


(青空の中に立つ桜もとても綺麗でした。)


(桜の白と、新緑の緑、常緑樹の濃い緑、空の青さが美しい造形を見せてくれました。)


(駐車場から撮影した、光前寺の桜と中央アルプスの山々です。)

駒ケ根市中沢の花桃等を撮影、伊那市議会議員選挙立候補予定者の皆様を訪問、伊那谷新酒祭りを訪問

2018年4月14日

4月14日は、早起きをして、家内と共に駒ヶ根市中沢を訪問し、花桃などの春の風景を撮影しました。

花桃の中心である「すみよしや」さんの周辺の花桃はまだ5分咲きという感じでしたが、春を感じる風景に出合うことが出来ました。また、花桃の蕾もとても可愛く感じられました。見ごろはまさにこれから。皆様も是非お出かけください。

中沢では、地域内のあちこちに花桃の木が植えられており、日当たりの良いところでは満開の花を咲かせています。また、中央アルプスも美しく見ることが出来ました。


午前中から夕方にかけては、明日告示となる伊那市議会議員選挙に立候補される予定の皆様の事務所を訪問し、激励のご挨拶を申し上げました。明日は、伊那市長選挙も告示されます。

途中、高遠町では、高遠湖周辺の桜や、勝間薬師堂のしだれ桜などを撮影しました。


夕方には、伊那市の春日城址公園で開催された「第15回伊那谷新酒祭り」を訪問しました。伊那谷の11蔵が出店し、1000円のチケットを購入すると様々なお酒を7杯飲むことができるシステムで、多くの皆さんで賑わっていました。

会場では、伊那餃子まつり2018も同時開催されており、私も餃子や焼きそばを買って帰りました。皆さんと交流が出来、とても楽しいお祭りでした。


(駒ケ根市中沢の「すみよしや」さん周辺の花桃とレンギョウです。)


(「すみよしや」さんの裏にある花桃の小道です。)


(ピンクと白のやさしい色合いの花桃が多く咲いていました。)


(可憐なピンクの花と蕾です。)


(白い花もとてもきれいです。まるい蕾もとてもかわいいです。)


(様々な色の満開の花桃です。)


(青空の下で元気に咲く花桃です。)


(中央アルプスを背景にして咲く花桃もいいですね。)


(家々のまわりにも満開の花桃が咲いていました。棚田の緑とのコントラストもきれいです。)


(山の斜面に植えられた花桃が緑の中で美しく輝いて見えました。)


(伊那市富県周辺で撮影した中央アルプスです。)


(高遠湖周辺に咲く桜です。)


(高遠町の「勝間薬師堂のしだれ桜」です。)


(伊那市長選挙と伊那市議会議員選挙のポスター掲示板です。明日の朝には、候補者の皆様のポスターが一斉に貼られます。)


(伊那谷新酒祭りで、焼きイワシとともに、皆様と記念撮影をしました。)


(マルスウィスキーと米澤酒造の皆様との記念写真です。)


(伊那谷新酒祭りの受付で、ルネッサンス西町の会の皆様と記念撮影をしました。)


(伊那市のカモシカシードルさんでは、美味しい伊那産のリンゴで作ったシードルを味わうことが出来ました。)


(明るく元気な伊那餃子会の皆さんとの記念写真です。)

農産物輸出促進対策委員会、超党派「山の日」議員連盟総会、自民党看護問題対策議員連盟総会に出席しました

2018年4月13日

4月13日は、午前8時から「農産物輸出促進対策委員会」に出席しました。

本日は、伊藤ハム株式会社、株式会社ナンチク、株式会社ミヤチク、高源精麦株式会社、雪印メグミルク株式会社の皆様から畜産・酪農製品の輸出の現状や課題についてお話を伺いました。


午前8時半からは、超党派「山の日」議員連盟に出席しました。

本日は、昨年12月に、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、全国山の日協議会に対し、2020年8月10日のオリンピック閉会式翌日に関係者の出国ピークが予想されることから、2020年に限って、「山の日」の休みを本来の8月11日から8月10日に移動することを要請する文書が出されたことへの対応について協議をしました。

全国山の日協議会の1月の理事会では反対の決議が行われたこともあり、実際に休日を移動することの効果や必要性についてデータに基づいて判断すべきとの意見が多く出されました。最終的に、これらの検証も含め、対応を衛藤征士郎会長に一任することが了承されました。


正午からは、「自民党看護問題対策議員連盟」に出席しました。

会場では、長野県看護連盟の三輪百合子会長にお会いすることが出来ました。

議事では、議員連盟の事業報告・会計報告と平成30年度事業計画案が了承され、引き続き、関係団体の皆様から要望を伺いました。

さらに、厚生労働省、文部科学省、経済産業省より平成30年度看護関連施策等について説明を受けました。

高齢社会の進展に伴い、地域包括ケアシステムを構築していくためにも、看護師の皆様の役割は今後益々重要なものとなります。私も、本日の皆様からのご要望を踏まえて、議員連盟の一員として活動してまいります。


(農産物輸出促進対策委員会での小泉進次郎委員長からのご挨拶です。)


(超党派「山の日」議員連盟での衛藤征士郎会長からのご挨拶です。)


(長野県看護連盟の三輪百合子会長とのツーショットです。)


(自民党看護問題対策議員連盟で、看護関係団体の皆様から要望を伺っているところです。)

  • Calendar

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 最近の記事

  • 過去の記事