伊那市の「境区夏祭り」と通り町の「いなまち盆踊りとよさこい祭り」を訪問しました

2019年8月15日

8月15日、午後5時からは、私の住む伊那市境区で開催された「境区夏祭り」を家内と共に訪問しました。

美味しいフランクフルトや焼き鳥などを頂くとともに、多くの皆さんとお話をすることが出来、とても楽しいひと時でした。


午後6時半からは、伊那市の通り町商店街で開催された「いなまち盆踊りとよさこい祭り」を訪問しました。

セントラルパークでは、美味しいローメンを頂いたり、ローメン早食い大会を見ました。

通り町では、伊那節保存会の皆様の演奏をバックに盆踊りが行われていました。また、多くの出店で、皆様のお話をお聞きすることが出来ました。

最後に、地元のよさこいチーム「伊那よさこい青龍」の皆さんと、地元アイドルグループの「パラレルドリーム」の皆さんの元気な踊りを見て、皆さんと記念撮影をしました。

伊那市の元気を感じた夜でした。


(以下、境区夏祭りでの皆様との記念写真です。)








(境の自宅近くの稲穂も大きくなっていました。収穫の秋が近づいていることを感じました。)


(伊那市のセントラルパークでお会いした皆さんとの記念写真です。)


(伊那ローメンズクラブの皆さんにもお会いすることが出来ました。)


(「紋次郎」の亀山勝治さんに、ローメンの味付けについて教えて頂き、美味しく頂きました。)


(ローメン早食い大会の様子です。)


(通り町商店街で行われた盆踊りの様子です。)


(伊那節保存会の皆さんの演奏も見事でした。)


(NPO法人子ども・若者サポートはみんぐの運営する「セジュール」の皆様から、子ども食堂や自立支援の取組についてお話を伺いました。)


(「伊那よさこい青龍」の皆さんと、「パラレルドリーム」の皆さんによる元気な踊りです。)


(踊りの後、皆さんと記念撮影をさせて頂きました。)

終戦の日、全国戦没者追悼式を視聴し、思いを新たにしました

2019年8月15日

8月15日、74年目の終戦の日を迎えました。

私は、昼前から自宅で全国戦没者追悼式の様子をテレビで視聴しました。

安倍晋三総理は式辞の中で、「今、私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の皆様の尊い犠牲の上に築かれたものであることを私たちは決して忘れることはありません。」

「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この誓いは昭和、平成、そして令和の時代でも決して変わることはありません。平和で希望に満ちあふれる新たな時代を創り上げていくために、世界が直面している様々な課題の解決に向け、国際社会と力を合わせて全力で取り組んでまいります。」と述べられました。

続いて、正午の時報に合わせて、私も1分間の黙とうを捧げました。

天皇陛下からは、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」とのお言葉がありました。

改めて、戦没者の御霊に対し、心から追悼の意を表し、平和な社会の実現に向けて努力していくことを決意しました。

伊那市長谷の市野瀬夏祭りに出席しました

2019年8月14日

8月14日は、午後5時半過ぎに伊那市長谷の市野瀬にある本家を訪ね、ご先祖様に祈りを捧げました。

午後6時半からは、市野瀬区夏祭りの開会式でお祝いのご挨拶を申し上げました。

台風10号の接近で天気が心配されましたが、幸いにも一時的に小雨がふる程度で、盛大にお祭りが開催できました。

恒例の「創龍太鼓」の皆さんによる演奏と、花火の競演も見事でした。

子どもたちの花火の時間には、帰省した家族連れの皆さんが花火を楽しんでいました。

午後8時前には、恒例の打ち上げ花火が行われ、頭の真上で広がる花火の美しさと迫力を満喫しました。

多くの皆様にもお会いすることが出来、とても楽しいひと時でした。


(開会式の前に、役員の皆様と記念撮影をしました。)


(開会式で、お祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(創龍太鼓の皆さんの演奏に合わせて花火も上がりとても綺麗でした。)


(子ども花火の時間には、多くの家族連れの皆さんが花火を楽しんでいました。)


(頭の真上で大きく開く花火の美しさと迫力を満喫しました。)

飯田市牧野みつお市長の後援会の皆様との懇談会に出席しました

2019年8月10日

8月10日は、午後4時半から、飯田市の牧野光朗市長の後援会の皆様との懇談会に出席しました。

懇談会には、牧野市長、水野こはる会長をはじめとする牧野みつお後援会の役員の皆様方、飯田市議会議員有志の先生方、そして参議院議員宮島喜文先生が出席されました。

水野こはる会長と牧野光朗市長のご挨拶に引き続き、出席者の紹介が行われました。

次に、私から、「伊那谷から日本を元気に」と題したお話をさせて頂き、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通を活かして、産業育成や観光開発などを通じて伊那谷を地方創生のモデル地域として発展させることが必要であることを訴えました。

続いて、財務大臣政務官である宮島喜文先生から、来年度予算編成の考え方や、社会保障制度改革の方向性など、多角的なお話を頂きました。

また、後援会の萩本特別顧問からは、地方創生交付金の交付額が長野県が北海道に続き第2位であること、中でも、当下伊那地域の航空産業分野の人材育成と技術開発力の強化に重点配分されているこをご紹介頂くとともに、こうした交付金を活かして発足したS-BIRDを発展させていくことの重要性についてお話を頂きました。

その後の意見交換の時間には、飯田市議会議長の湯澤啓次先生をはじめとする皆様から質問やご意見を頂き、私と宮島先生からコメントをさせて頂きました。

最後に、後援会の中田教一会長代行から懇談会の総括と閉会のご挨拶を頂きました。

懇談会の後には、皆様との懇親会に出席し、多くの皆様からお話を伺うことが出来ました。

皆様から頂いたご意見を、今後の活動にしっかり活かしていきたいと思います。


(牧野みつお後援会の水野こはる会長のご挨拶の様子です。)


(飯田市の牧野光朗市長のご挨拶です。)


(私から、我が国の課題と地方創生の考え方、伊那谷発展の構想などについてお話をしているところです。)


(参議院議員宮島喜文先生から、お話を伺っているところです。)


(飯田市議会議長の湯澤啓次先生から、ご意見やご質問を頂いているところです。)

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事