« | »

新型コロナウイルス関連肺炎対策本部に出席、JA北海道厚生連と自治体の皆様から要望、新たな国家ビジョンを考える議連 憲法改正分科会に出席、伊那商工会議所議員総会でオンライン講演

2020年7月21日

7月21日は、午前9時から「新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」に出席しました。

本日は、厚生労働省から「新型コロナウイルスに関連した感染症の現状と対策」について、国土交通省から「Go To トラベル事業」について、説明を受け、質疑を行いました。

本日は、特にGo To トラベル事業の進め方などについて多くの意見が出されました。

午前10時45分からは、JA北海道厚生連の中瀬 省 会長と、弟子屈町の徳永哲雄町長、遠軽町の佐々木修一町長、網走市の水谷洋一市長、湧別町の石田昭廣町長をはじめとする皆様がお見えになり、「新型コロナウイルス感染症拡大による病院経営の危機へ対応するための緊急要請書」と「地域医療を継続するための緊急要望書」を頂きました。

皆様からは、今回のコロナ対応で、地域医療を支える厚生連病院が経営危機に直面していること、厚生連病院を支えてくださっている市町村に対する支援も重要であることなどについて、お話を伺いました。

「農民の健康を創る会」の事務局長としても、皆様をしっかり応援していくことをお誓いしました。

午後2時からは、「WithコロナAfterコロナ新たな国家ビジョンを考える議員連盟 憲法改正分科会」に出席しました。

本日は、拓殖大学大学院地方政治行政研究科特任教授の濱口和久先生から「緊急事態条項と日本の危機管理 ~緊急事態条項を憲法に明記せよ~」と題したご講演を頂き、質疑を行いました。

パンデミックや甚大な自然災害、武力攻撃事態などが起こり国会が開けない場合、政府が一時的に法律と同じ効力を持つ政令を制定し、一時的に私権を一部制限できるようになるといった緊急事態条項が憲法にない場合、法律による制限を設けても憲法違反とされる可能性が大きいこと、参議院の緊急集会では長期にわたる危機への対応として課題があることなどについて、理解することが出来ました。

午後3時半からは、伊那商工会議所通常議員総会後の特別講演会に講師としてオンラインで参加し、「ウイズコロナ・アフターコロナで目指すべき社会」をテーマに、お話をさせて頂きました。

先週金曜日に閣議決定された「骨太方針2020」で掲げられた我が国の課題や目指すべき未来、感染症対策や国土強靭化、デジタルニューディールや多核連携型の国づくり、人・イノベーションへの投資、包摂的社会の実現、新たな世界秩序の下での活力ある日本などについてお話をするとともに、伊那谷のアドバンテージについてもお伝えし、「伊那谷から日本を元気に!」をモットーに皆様と共に努力していくことをお誓いしました。

質疑では、観光産業振興とGo Toキャンペーンの在り方、伊那谷発展の姿などについてご質問を頂き、お答えをしました。


新型コロナウイルス関連肺炎対策本部での岸田文雄政務調査会長のご挨拶です。


JA北海道厚生連と病院・診療所所在地市町村長の皆様から要望書を頂き、お話を伺いました。


WithコロナAfterコロナ新たな国家ビジョンを考える議員連盟 憲法改正分科会での下村博文分科会座長のご挨拶です。


議員会館の部屋で、オンラインで伊那商工会議所通常議員総会後の特別講演会に参加し、講演をしているところです。



骨太方針2020の概要です。クリックでPDFファイルをご覧いただけます。

« | »
  • Calendar

    2020年8月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 最近の記事

  • 過去の記事