« | »

汚泥リサイクル施設見学と売木村議員連盟懇談会開催

2010年3月16日

本日は、松川町の株式会社南信サービスさんをお訪ねし、先月完成した最新式の廃油・汚泥リサイクル施設を見学させて頂きました。

周辺の市町村などから出る汚泥などを別の脱水施設で脱水し、このリサイクルし施設に受け入れたあと、焼却してできた灰を路盤材の原料としたり、乾燥して粒状にしたものを土壌改良や堆肥として利用したり、さらに乾燥したものを蒸し焼きにして炭をつくり、苗を育てる苗床として利用したりという3通りの処理を行うのだそうです。また、乾燥や燃焼に必要な燃料は、使用済みのエンジンオイルなど、さまざまな廃油を加工して再利用しているとのこと。

4月から本格稼働とのことで、本日は試験運転中でしたが、建物の中にもうけられた見学スペースと、コントロールセンターを見学させて頂きました。3つの炉と配管をおさめた建物は4階建てのとても大きなものでした。塵ひとつ落ちていない清潔な処理場です。

竹村社長のお話では、周囲に「におい、騒音、振動」が伝わらないよう徹底的に配慮した設計となっているとのことでした。また、こうした処理場運営でもっとも重要なのは、地域住民の方の理解と協力だそうです。南信サービスでは、行政の皆さんと、地域の方々とともに定期的に交流会をもつなど、この点にも力を入れているというお話が印象的でした。

最近は、市町村の処理場が老朽化しても、更新のための予算がなかなか捻出できず、南信サービスへの処理委託に切り替えるところが増えてきているそうです。公的なサービスも、民間にできることは民間にという時代であることを実感しました。



夕方には、売木村役場の会議室をお借りして、売木村の議員で構成する後援会組織である議員連盟の皆さんと懇談をさせて頂きました。

議員の方々からは、「政権交替で急激に公共投資が減らされ、道路整備の遅れや地域経済の落ち込みが懸念される」、「自民党には、民主党の批判ばかりでなく、国の将来に向けた政策で勝負してほしい」など、さまざまなご意見を頂くことができました。

今後も、各市町村の議員連盟の皆さまとの意見交換の場を大切にしていきたいと思います。


(ひとつの施設で3つの処理ができる大規模なシステムです)


(本格稼働に向けて準備作業をしていた皆さまと記念撮影。私の左が竹村社長です。)


(議会開会期間中のお忙しい中、懇談の時間を頂くことができました。)

« | »
  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事