宮下一郎ブログ

飯田市で医療情報システムについて意見交換、牧野飯田市長・後援会の皆様と懇談、阿南町で国政・県政報告会開催、飯田市の予算に関する懇談会に出席

2015年2月22日

2月22日は、午前10時から飯田合同庁舎において、飯田市の牧野市長、飯伊地区包括医療協議会の蟹江会長、飯田医師会の古田副会長から、「医療・介護をつなぐ情報基盤に関する要望書」を頂き、内容のご説明を頂きました。

「ism-Link」という情報連携システムにより、74施設が連携、7100人の登録患者のデータを必要に応じて連携し、病院間や病院・診療所間の連携や在宅医療に活用されているとのこと。

本日は、システム更新に関するご要望を頂き、予算確保に努力することをお約束しました。


午前11時からは、牧野飯田市長の後援会「パワーアップルの会」の役員の皆様との懇談会と昼食会に出席しました。

私から、地方創生や予算編成の考え方等についてお話をし、皆様からご意見やご質問を頂きました。出席された皆様からは、「さまざまな課題についてよく理解できた」「今後も、懇談の機会を持ちたい」などの言葉を頂きました。


午後2時からは、阿南町で、私の後援会と県議会議員髙橋たかとし先生の後援会の主催により、「国政・県政報告会」が開催されました。

ご来賓として阿南町の町長ならびに議長からご挨拶を頂き、私と高橋県議から、それぞれの立場で活動報告を行いました。

町、県、国がしっかり連携を図りながら、地域の活性化、地方創生の実現に向けて頑張ってまいります。


午後4時半からは、飯田市の新庁舎の会議室において、飯田市の幹部の皆様と飯田市議員連盟の先生方との懇談会が開催されました。

はじめに牧野市長から飯田市の予算の重点要望事項についてご説明いただき、それを踏まえて私からは飯田市における地方創生の可能性を中心にお話をしました。

午後5時半過ぎからは懇親会が行われ、牧野市長、議員連盟の先生方と様々な意見交換が出来ました。大変楽しく有意義なひと時でした。


(飯田市の牧野市長、飯伊地区包括医療協議会の蟹江会長、飯田医師会の古田副会長から、「医療・介護をつなぐ情報基盤に関する要望書」を頂きました。)


(医療情報システムについて詳しくお話をお聞きするとともに、現状の予算の状況などをお話しました。)


(牧野市長の後援会の皆様との懇談会の冒頭での牧野市長からのご挨拶です。)


(阿南町で開催された国政・県政報告会で、国政報告を申し上げているところです。)


(飯田市役所で、飯田市の予算について説明を受け、懇談をしているところです。)


(先生方との懇親会の最後に全員で記念撮影をしました。皆様に心から感謝申し上げます。)

  • Calendar

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事