« | »

「地区選抜 県展」を鑑賞、自宅近くのお店を訪問、高遠町灯籠祭り開催

2012年9月22日

本日(9/22)は、午前中に、伊那文化会館で開催されている「地区選抜 県展」を家内とともに鑑賞しました。

この展覧会は、県内各地の展覧会で上位入賞した作品から選考した日本画、洋画、彫刻、工芸の作品を展示するもので、高校生から最高齢90歳の方の作品までが展示されています。

全体的には、若い作家の皆様の作品が多く、自由な発想とパワーが感じられる展覧会でした。

作品を鑑賞した後、展覧会の役員をされている先生方と懇談をさせて頂きました。私からは、長野県を芸術家の集う県として発展させたいという思いをお話しました。

この展覧会は、9月27日(木)まで開催されています。入場料無料です。皆様、是非おでかけください。


(左から信州美術会事務長の伊波文三先生、信濃毎日新聞の大橋聖一事業局長、私、信州美術協会の富成勇夫会長、信州美術会会計の松島清子先生です。様々なお話をお聞かせ頂き、ありがとうございました。)




午後には、最近始めたフェイスブックで友人になった三ツ石 克己さんの輸入家具や雑貨のお店「GLASS ONION(グラスオニオン)」を訪問しました。

伊那市の自宅のすぐそば(車で5分)のお店なのですが、今まで気づかず通り過ぎていました。フェイスブックでお店の様子を知り、家内とともに訪問したところ、良いデザインやアイデアの商品がたくさんあり、三ツ石さんからも詳しい説明を聞くことができて、とても楽しい一時を過ごすことができました。

こうした新しい出会いが得られるのもフェイスブックの魅力ですね。(ただ今、フェイスブックで「友達」募集中です。皆様からの「友達リクエスト」お待ちしております。)


(三ツ石克己さんから、いろいろな商品の魅力についてお聞きすることが出来ました。楽しい一時をありがとうございました。)




午後5時半からは、伊那市高遠町で開催された「高遠灯籠祭り」を訪問しました。

高遠町後援会の北原公雄会長、西高遠支部の北原由基雄支部長、遠藤事務長にご同行を頂き、多くの皆様にお会いすることが出来ました。

商店街のそれぞれの店先に赤いほおずき提灯や俳句などが書かれた灯籠が飾られ、日が暮れるにつれて幻想的な雰囲気に包まれ、本当にきれいでした。


(酒舗にんべんの前で、皆様と記念撮影しました。にんべんの黒河内俊さん(右端)には、伊那JCの時代からずっとお世話になっています。)


(ちょうど、白鳥市長の奥様(左端)、信州大学名誉教授の茅原紘先生(私の左)、向山県議後援会の神山公秀会長にお会いすることができました。)


(合資会社十一屋商店では、岡部和秀社長から、「消費税を上げるまでに、酒税やガソリン税などがどれだけかかっているかなど、税の現状についてしっかり説明をするべきだ。また、引き上げの際には、小売店や小規模事業者が税率引き上げ分を価格に転嫁できずに利益を吐き出すようなことがないよう、全ての価格が変わるような配慮か必要。」など、貴重なご意見をお聞きすることができました。)


(夜が更けると、商店街に並ぶ提灯の明かりが美しく、幻想的に見えます。)


(笛、三味線、太鼓による「高遠ばやし」の演奏は、静かな故郷の秋にふさわしい、風情のある素晴らしいものでした。)

« | »
  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事