宮下一郎ブログ

伊那市新産業技術推進事業中間報告会に出席しました

2020年11月28日

11月28日は、午後1時から伊那市長谷の「気の里ヘルスセンター栃の木」で開催された「伊那市新産業技術推進事業中間報告会」に出席しました。

本日は、参議院議員足立敏之先生と宮島喜文先生の長谷部秘書、長野県議会議員の向山公人先生、佐々木祥二先生、清水正康先生に加え、総務省、経済産業省、国土交通省の皆様、医療関係者の皆様など、多くの皆様が参加されました。

始めに、伊那市の白鳥孝市長のご挨拶に引き続き、私と足立先生から挨拶をしました。

次に、伊那市より「新産業技術推進事業」についての説明を伺いました。

伊那市では伊那市版スマートシティ「スーパーエコポリス」構想を掲げ、様々な事業に取り組んでいます。

本日は、遠隔医療によるモバイルクリニック構築事業、支え合い買い物サービス「ゆうあいマーケット」運営事業、ふれあい交通サービス「ぐるっとタクシー」運行事業、道の駅を拠点とした自動運転実証事業などを中心に、説明をお聞きしました。

その後、会場の外に展示されたモバイルクリニックに使用する車両を見学し、説明を受けました。

この車に看護師さんが乗り、患者さんの家まで移動、患者さんは車いすのまま車内に入ることもできます。ここで、心電図モニター、血糖値測定器、血圧測定器、パルスオキシメーター、デジタル聴診器などのデータを通信で診療所の医師に送り、医師はモニターで患者の顔を見ながら問診し、遠隔服薬指導も行うことが出来ます。

次に、長谷の中尾座(公民館)の前の広場に移動し、支え合い買い物サービス「ゆうあいマーケット」運営事業で活用しているドローンによる物資輸送のデモを見学しました。

この事業は、住民はケーブルテレビのリモコンで商品を選んで注文し、午前中に注文すると、午後にはドローンで近くの公民館に物資が届き、地元のボランティアの皆さんが注文者の自宅に商品を届ける仕組みです。なお、風雨などでドローンが飛べない際には自動車による補完配送が行われます。

本日は、最大10Kgの荷物を積めるドローンが道の駅から公民館までLTE通信を使って自動で飛行し、誤差数センチで着陸、地域ボランティアの女性がカギを開けて荷物を取り出すところを見学しました。私と足立先生は、ドローンが運んできた道の駅名物のクロワッサンを頂きました。その後、ドローン内のバッテリーを交換、ドローンは再び離陸して戻っていきました。

次に、中尾座に入り、意見交換会が行われました。はじめに、私と足立先生が発言し、引き続き、出席者の皆様から伊那市の取組を前向きに評価する意見が多く出されました。

伊那市の取組は、デジタル技術を地域の課題解決に応用して実装する、全国のモデルです。これからも、こうした新たな社会を拓くためのチャレンジを応援していきたいと思います。


伊那市新産業技術推進事業中間報告会での白鳥孝伊那市長のご挨拶です。


私からご挨拶をしているところです。


伊那市より事業の概要について説明を伺いました。

伊那市版スマートシティ「スーパーエコポリス」のイメージ図です。


伊那ケーブルテレビのシステムを利用し、自宅でドローン配送の注文や乗り合いタクシーの予約などが出来ます。


モバイルクリニック用の車両の前で、足立敏之先生と記念撮影をしました。


様々な機器が配置された車内の様子です。


公民館前の広場にドローンが正確に着陸するところです。


赤ちゃんを抱っこしている女性がボランティアで注文者の方へ商品を届けて下さっています。


中尾座での意見交換会の様子です。


私からは、伊那市の取組をさらに前に進めて頂くため、皆様と力を合わせていきたい、との趣旨で発言をさせて頂きました。

  • Calendar

    2021年1月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の記事

  • 過去の記事