宮下一郎ブログ

松川町ふれあい広場、宮川信先生の受章を祝う会、南信州獅子舞フェスティバル、泰阜村筑紫神社例祭に出席

2011年10月16日

本日は、朝9時半から松川町で開催された「ふれあい広場」を訪問しました。

素晴らしい天候の下、子どもたちも含めて多くの方々がかけつけ、本当ににぎやかなお祭りでした。


(左から、私の松川後援会長でもある社会福祉協議会の大場会長、ふれあい広場の片桐実行委員長、私、深津松川町長、米山議長です。)



(本日のゲストの「にゃんたぶう」は子どもたちに大人気。ピンクの衣装の並木のり子さんは、松川町出身です。このあと、メンバーの3人は、松川町長から広告大使の任命を受けました。)



(地元の女性の皆様は、手作りのスイートチュロス(沖縄のサーターアンダギーのようなお菓子)を販売していました。)



午前11時からは、飯田市で開催された「宮川 信 飯田市立病院名誉院長の瑞寶小綬章受章祝賀会」に出席しました。

宮川先生は、昭和62年に飯田市立病院に副院長として赴任され翌年には院長にご就任になり、通算18年余にわたって飯田市立病院の発展に貢献されました。

現在では、飯田市立病院は、飯田下伊那地域の医療を支える基幹病院として、全国的にも注目される存在ですが、これも宮川先生のご尽力によるものです。

宮川先生は、現在も三穂国保直営診療所において、地域医療の最前線で活躍されています。ご夫妻のご健勝と益々のご活躍をお祈りしたいと思います。


(宮川先生には、長年にわたって、ご指導、ご支援を頂いています。この度の受章を心からお祝い申し上げます。)



午後1時半すぎには、第4回南信州獅子舞フェスティバルを訪問しました。

本日のフェスティバルには、23団体が出演し、約2万5千人の皆様が来られているとのことでした。

到着した際には、東京都の目黒流貫井囃子保存会の皆様が出演され、複数の獅子舞や狐、おかめなどがにぎやかな演技をしていました。

引き続き、2時からは地元の羽場獅子舞保存会の皆様による大きな幌屋台獅子の舞いと、子どもたちによる子供獅子の演技を観ました。

羽場獅子舞保存会の皆様の獅子舞は、長野オリンピックの閉会式に出演して絶賛を浴びましたが、今日も、荘厳で勇壮な舞を披露して下さいました。

佐藤実行委員長は、「上伊那にもいくつもの獅子舞があるので、来年以降、さらに多くの団体に参加を呼びかけていきたい。」と話されていました。


(実行委員会の皆様とともに。右端が佐藤一成実行委員長です。)



(数十人が入って演奏をしながら幌獅子が舞う姿は、とても迫力があります。)



(子供獅子の舞が終わっての挨拶シーンです。一番右の子どもさんは、三歳ですが、立派な舞を見せてくれました。)



その後、泰阜村の平島田地区で開催された筑紫神社の秋季例祭後のお祝いの席に家内とともに伺いました。

平島田地区は、泰阜村の中でも、もっとも高齢化率が低く、今年も若い方々を中心に5世帯が入ってこられたそうです。

今日も、小学生や中学生の皆さんが、元気な踊りを披露してくれました。

道路整備も着実に進んでおり、これから泰阜村はさらに住みよい地域として発展が見込まれます。私も、人の絆を大切にする地域がさらに元気になれるよう、お手伝いができればと考えています。


(地域の中学生の皆さんによる元気なヨサコイソーランの演技です。皆、手拍子で応援しました。)

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事