« | »

党本部で全議員・選挙区支部長懇談会開催

2011年8月30日

本日(8/30)は、朝、党本部で開催された「全議員・選挙区支部長」懇談会に出席しました。

昨日の民主党代表選挙の結果を受けて、谷垣総裁からは、

「菅政権を退陣に追い込み、代表選挙となったが、政策の方向性が見えない選挙だった。震災復興には協力するが、2年間に3人目の総理であり、国民の信を得ているとは言えない。一刻も早い解散総選挙を求めていく。」

とのご挨拶がありました。

執行部の皆様からの発言に引き続き、出席者からの意見発表が行われました。

発言の多くは、「必要な協力はすべきだが、大連立はありえないという方針を貫いてほしい。」との内容でした。

また、「地方の声をしっかり聞くことが、我が党にとって重要。被災地を含め、ふるさと対話を再開してほしい。」

「被災地での医療支援や帰郷に向けたプランなど、自民党ならばこうする、という具体策を示すことが必要。」

「野田代表は、代表選挙の政策集でマニフェストへの原点復帰を明記しており、3党合意堅持とは相いれない。こうしたまやかしを追求すべき。」などの意見もありました。

最後に谷垣総裁から、「財源問題や国家観など、民主党の構造問題を突いていく。ふるさとをどうしていくかが保守の原点であり、ふるさと対話も継続していく。心をひとつに、心をかよわせる政治を実現していこう。」との力強いご挨拶がありました。


(谷垣総裁をはじめ、執行部の方々からは、協力すべき点は協力した上で、民主党政権の問題点をしっかり追求していく、との発言が相次ぎました。)

« | »
  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事