« | »

非持区敬老会、小林修一郎先生 国画会奨励賞受賞祝賀会、上伊那薬剤師会懇親会に出席しました

2015年6月14日

6月14日は、午前11時から伊那市長谷の「非持区敬老会」に家内とともに出席しました。

始めに、出席者全員で集合写真を撮影し、開会となりました。

会の冒頭、紙芝居グループ「糸ぐるま」の久保田文子さんによる紙芝居「ヤマトタケル伝説」の実演や、歌、切り絵による紙芝居の制作過程の解説等が行われました。ふるさとに伝わる伝説や地域の皆様の思いを伝えて下さる素晴らしい公演で、とても感動しました。

引き続き、長谷小学校の皆さんによる歌の披露がありました。皆の心がひとつになった素晴らしい歌声でした。

私からは、この長谷の地で働く人、ここを訪れる人が増えるよう、頑張ることをお誓いし、皆様のご健康とご多幸をお祈りしてお祝いのご挨拶を申し上げました。


午後2時からは、「小林修一郎先生 国画会奨励賞受賞及び新準会員推挙祝賀会」に出席しました。

小林先生は、昭和41年に第40回国展(国画会の展覧会)に初入選されて以来、50回の出品を重ねて来られ、今回の受賞と準会員推挙という二重の快挙を成し遂げられました。

途中、審査の厳しい国展ゆえに、連続落選という苦しい時期もありましたが、創作の熱意を失わずに製作に取り組んでこられました。

先生は、伊那美術協会会長、信州美術会伊那支部長、県展事務局長なども歴任され、様々な展覧会の運営をされるなど、多くの先生方を支えることにも力を注いで来られました。

私も家内も、小林先生のファンで、様々な展覧会で小林先生にお会いするのを楽しみにしています。それだけに、今回の先生のご受賞をとてもうれしく感じています。先生のさらなるご活躍をお祈りしています。


午後4時からは「上伊那薬剤師会 平成27年定時総会 懇親会」に出席しました。

私からは、財政再建と社会保障の安定の為にも、ジェネリックの推進など、先生方ご活躍が必要であることを申し上げ、新たな役員体制の下で、上伊那薬剤師会がさらに発展されることを祈念してお祝いのご挨拶を申し上げました。


(非持区敬老会の開始前に、出席者全員で撮影した記念写真です。)


(久保田文子さんによる紙芝居と歌の公演の様子です。)


(長谷小学校の皆さんによる歌で会場は大いに盛り上がりました。)


(小林修一郎先生に対し、お祝いのご挨拶を申し上げているところです。)


(小林修一郎先生の祝賀会に出席した全員で撮影した記念写真です。)


(上伊那薬剤師会 定時総会後の懇親会でご挨拶を申し上げているところです。)

« | »
  • Calendar

    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の記事

  • 過去の記事