« | »

中川村、駒ヶ根市を訪問

2010年5月31日

本日(5/31)は、午前中に中原前駒ヶ根市長、北島元中川村長のお力添えにより、中川村において、小坂憲次先生を囲んでの懇談会が開催されました。

若林健太さんの恵子夫人も出席されるとともに、県議会議員の垣内基良先生も駆けつけて下さいました。

私からは、小坂憲次先生、若林健太さんを国政に送ることが、農業をはじめとする地域の産業を生かし、国会の機能を回復させ、日本の未来を切り開くために是非とも必要であることを訴えさせていただきました。

小坂先生、若林夫人からは決意とお願いの御挨拶があり、会場からは、農業問題や自民党の在り方などについて御意見を頂くなど、大変充実した会となりました。


(懇談会の後、出席者全員でとった記念写真です。それぞれにお忙しい中、皆様ご出席を頂きました。)

 

その後、駒ヶ根市選出の県議会議員佐々木祥二先生の御案内で、駒ヶ根市内の皆様をお訪ねしました。

佐々木先生や私の後援会の幹部の皆様、駒ヶ根市に本拠を置く企業の皆様など、皆様温かく迎えていただき、激励を頂きました。


(右から2人目が市議会議員の塩沢崇先生、左から2人目が現在社長の上田さん(36才)です。現在ヒペリカムという植物の出荷最盛期です。花卉栽培では、種はヨーロッパから、土はカナダから輸入しているとのこと。)


(私の隣が、私の後援会の副会長もお務め頂いている堺沢豊さんです。ちょうどカーネーションの出荷の真っ盛りでお忙しい中、私たちの話を聞いて下さいました。小坂先生、若林夫人にはかわいいカーネーションの花束を頂きました。)

 
夜には、中原前駒ヶ根市長の後援会である「緑正会」を懇親のための「緑正親和会」に改組する会が開催され、小坂先生、若林夫人とともに出席しました。

私からは、両候補を長野県から参議院に送ることがどうしても必要であることを訴えさせていただきました。

出席者の皆様は、日頃から私も応援を頂いている方々ばかりであり、懇談の中で力強い激励を頂きました。

中原前市長を中心に、団結して駒ヶ根市の発展のためにも参議院の必勝を期していこう、と全員で決意をする会となりました。


(駒ヶ根市各界を代表する皆様に対し、心からのお願いをさせて頂きました。)


(全国老人クラブ連合会の副会長も務められた池上重雄さん(現在102歳)にも久しぶりでお会いできました。健康長寿長野県のシンボルのような方です。益々お元気で、最近はカラオケを楽しんでいらっしゃるとのこと。)

« | »
  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事